乾に蹴りを入れ、ゴールを祝福する香川 photo/Getty Images

写真拡大

アラベスに所属する日本代表MF乾貴士が、ロシアW杯で苦楽を共にしたMF香川真司の代表復帰を歓迎した。

14日、日本サッカー協会(JFA)が記者会見を開き、3月下旬に行われる『キリンチャレンジカップ 2019』へ臨む日本代表の招集メンバーを発表。森保一監督はアジアカップから大幅なメンバー変更を行い、香川ら5名のW杯戦士が約9ヶ月ぶりに復帰を果たした。そんな選手たちについて、アジアカップに続いて今回も代表に選出された乾がコメント。自身のブログで「コロンビア戦、ボリビア戦の親善試合に招集されました!」と報告した上で「日本で代表戦をやれる事、そして、また真司や蛍、ワールドカップ以来の選手とやれるのも楽しみです」と述べた。

そして「初めて一緒にプレイする選手もいるし、色んな楽しみがあります! 全力で頑張りますので応援よろしくお願いします」と意気込みを明かしつつ「あ、蛍、結婚おめでとう。シンジ人を蹴るのはやめましょう 。昔から祝福の時、投げ倒したり、蹴ったりする癖あるで。笑」と綴った。乾は香川との仲の良さが窺える愛のある忠告で復帰を歓迎するとともに、ベルギー戦でゴールを決めた際、実際に笑顔で蹴りを入れられているシーンの写真も一緒にアップしている。

乾と香川は、ロシアW杯のように3月のキリンチャレンジカップで、多くのサッカーファンを魅了することができるのか。二人のテクニシャンの活躍に期待だ。