オードリー若林、セクハラに対する複雑な心境を吐露「どえらい気を使って…」

写真拡大

3月13日に放送された日本テレビ系『犬も食わない』に出演したオードリー若林正恭が、セクハラに対する心境を語るシーンがあった。

オードリー若林、水卜アナが飲み会で明かした“願望”を明かす

番組では、今、巷で巻き起こっている小競り合いを様々な芸能人が再現したVTRが放送され、その内容について、番組MCの若林と水卜麻美アナウンサーがトークを展開した。

この中で、自分の行動がセクハラに値しないように細心の注意を払っている“セクハラビクビクおじさん”と、どこからセクハラになるかの境界線はわきまえていると自負する“ラインわかってますおじさん”のVTRが紹介される場面があった。

若林はこの話題に対し、「やっぱり、みんなビクビクしてると思います、今は」と切り出し、「どえらい気を使っている、最近」と自身もセクハラに対して注意を払っていることを明かした。さらに若林は、「飲み会があった時にさあ、女の子が『私(お酒)飲めないんです』みたいに(言って)、『乾杯だけでも』って言って何か渡されてた時は『こんなんもダメなんだよなあ』とか思うし」とセクハラの範囲について複雑な心境を吐露した。

また、若林は「収録してても、すごい料理の上手な若い子にさあ、『将来いい奥さんになるよ』も言いにくいじゃん。『なんで女子が料理作るからって…』って」と語り、自身の発言が女性への偏見に繋がらないかと気を使っていることを明かした。若林は、セクハラに過敏になっている現代の状況を受け、「春日しかイジれないよ」とコメントし、スタジオの笑いを誘った。