Rosine(8個入り・4320円)/Madame Delluc 京都祇園店/※写真のチョコレートはイメージ

写真拡大

2019年にオープンしたばかりの話題店のなかからこの春、ブレイク確実の最新スイーツを紹介!今回は京都にオープンした3店をご紹介。<※情報は関西ウォーカー(2019年2月26日発売号)より>

【写真を見る】新食感のドーナツショートケーキ、ドーナツメルト いちご(価格未定)/koe donuts

■ 100年の歴史あるチョコレートの老舗が日本初出店!ベルギー王室御用達チョコ

1919年創業の、ベルギー発のショコラトリーMadame Delluc。自作農園のカカオをはじめ、最高品質の原料を使用したチョコレートがそろう。カフェスペースもあり、3月にはワッフルと紅茶、チョコレートがセットの京都店限定メニューも登場!

カラフルなボックス入りで、プレゼントに最適な定番アイテム。4個入りは2160円。

ベルギー王室御用達の称号を持つショコラトリーで、最も長い歴史を誇る名門。百貨店の催事などでしか手に入らなかった味が、気軽に楽しめるように。

「カフェでは京都店限定のワッフルなどのセットメニュー以外にも、チョコレートやケーキ(594円から)や紅茶(648円から)などのドリンクも用意してますので、ぜひゆっくりとお楽しみください」(店長の岡本和子さん)

■Madame Delluc 京都祇園店<住所:京都市東山区上弁天町435-1 電話:075-531-2755 時間:10:00〜20:00(カフェLO19:00) 休み:不定休 座席:26席 タバコ:禁煙 ※個室サロン4席(予約制)含む 駐車場:なし アクセス:京阪祇園四条駅より徒歩14分>

■ 国産オーガニック素材で低カロリー!新感覚ドーナツ

アパレルブランド「koe」の新業態ドーナツファクトリーkoe donutsが3月21日(祝)にオープン。低カロリーで地球環境を意識した製法で注目を集め、イートインメニューではナイフとフォークで楽しむ新感覚のできたてドーナツが味わえる。

工場併設なので製造工程の見学もできる。

「建築家の隈 研吾氏をはじめ、イラストレーターの長場 雄氏、アートディレクターの川上シュン氏にもご協力いただき細部までこだわり抜いたドーナツファクトリーになっています。ぜひ一度体験してください」(広報の奥村智子さん)

■koe donuts<住所:京都市中京区新京極四条上ル中之町557 京都松竹阪井座ビル1F 電話:未定 時間:未定 休み:不定休 座席:65席、スタンディングあり(人数未定) タバコ:禁煙 駐車場:なし アクセス:地下鉄河原町駅より徒歩3分>

■ 京銘菓がカフェ限定メニューで登場!限定“つばらつばら”

和菓子の老舗「鶴屋吉信」の京菓子を味わえるスタイリッシュなカフェtubara caféに、看板商品“つばらつばら”のカフェ限定メニューが登場。京町家風の外観とは打って変わって、店内はモダンな造りで落ち着いた雰囲気に。

マスカルポーネあん使用のラムレーズン・抹茶・柚子から2種選べる。

「これまでの『鶴屋吉信』のお菓子をより親しんでもらえるようなメニューになっています。コーヒーや紅茶と、マスカルポーネのつばらつばらの絶妙な相性を味わってみてください」(スタッフの梅谷優蘭さん)

■tubara café<住所:京都市上京区西船橋町340-5 電話:075-411-0118 時間:10:30〜17:30(LO17:00) 休み:水曜 座席:14席 タバコ:禁煙 駐車場:3台(無料) アクセス:地下鉄今出川駅より徒歩10分>(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)