ニワトリ集団が6千羽でキツネに襲い掛かったという/Vicki Jauron/Getty Images

(CNN)フランス北部の農業学校で、餌を探してニワトリ舎に迷い込んだ1匹のキツネが、ニワトリの集団に襲われて死んでいるのが見つかった。

「事件」はフランス北部ブルターニュの農業学校で発生。登校してきた学生たちが、ニワトリ舎の片隅でばらばらになったキツネの死骸を発見した。

同校の農業主任パスカル・ダニエル氏はAFP通信の取材に対し、「ニワトリには集団本能があり、くちばしでキツネを襲撃した」と話している。

ニワトリ舎は、日が沈むと光を感知するセンサーが作動して扉が閉まる仕組みになっており、閉じ込められたキツネが、興奮したニワトリ集団に襲われたとみられる。

キツネは6000羽あまりのニワトリに襲いかかられ、くちばしでつつかれて死んでいた。

「ニワトリたちは平飼いで飼育され、野鳥を追い散らすために使われている。そこで、キツネが侵入するとニワトリが全力で襲いかかり、キツネは逃げられなくなった」。ダニエルさんは地元ラジオ局のRTLにそう説明している。

「ニワトリたちは集団でキツネを隅に追い詰め、キツネの腹を完全につつき尽くすまで襲撃した」

ダニエルさんによれば、「幼い未熟な」キツネに対して、ニワトリたちが集団で奇襲をかけた可能性もある。

ニワトリ集団は昨年7月からこの場所で飼育され、「自分たちの身を守る方法を身に着けていた」という。

このニワトリ舎で犠牲になったのはキツネだけではなかった。これまでにもニワトリの餌になったハトが何度も見つかっているという。