ピエール瀧容疑者 (C)ORICON NewS inc.

写真拡大

 テクノユニット・電気グルーヴのメンバーで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)容疑者(51)が12日に麻薬取締法違反(使用)容疑で逮捕されたことを受け、所属レコード会社のソニー・ミュージックレーベルズは13日、同容疑者とユニットのCD・映像など商品の出荷停止と回収、およびデジタル配信の停止を発表した。

【写真】電気グルーヴ、元メンバーら証言&秘蔵映像を大放出

 同社は、電気グルーヴの公式サイトを通じ「この度、ソニー・ミュージックレーベルズの契約アーティストであるピエール瀧が、麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたことにつきまして、ファンの皆様、関係各所の皆様にはご迷惑とご心配をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます」と謝罪。

 その上で「この事態を厳粛に受け止め、本日より、弊社が取り扱うピエール瀧、及び電気グルーヴ関連の商品に関して、以下の通り対応いたします」として、「・CD、映像商品の出荷停止 ・ CD、映像商品の店頭在庫回収 ・ 音源、映像のデジタル配信停止」と対応を明らかにした。

 同ユニットをめぐっては同日、所属事務所のソニー・ミュージックアーティスツが今週末の15・16日にZepp Tokyoで開催予定だった『電気グルーヴ30周年“ウルトラのツアー”』東京公演の中止を発表していた。

 さらに、瀧容疑者の逮捕を受け、同容疑者がCM出演していたLIXILは過去の出演コンテンツをすべて削除。瀧容疑者が吹替え声優を務めていたディズニー映画『アナと雪の女王』オラフ役も声優交代が発表されるなど、多方面に逮捕の余波が広がっている。