志願者減・合格者増で入りやすい状況だったMARCHだが…

写真拡大

 平成最後の大学入試もいよいよ大詰め。国公立大前期試験の合格発表が終わり、私立大の2月試験の発表もほぼ終了した。

 私立大の志願者は現段階で昨年に比べて4%増で、13年連続志願者増となりそうだ。少子化で受験生数は減っているが、併願校を増やす受験生が多いため志願者増となった。国公立大も志願者が増え、7年連続志願者減に歯止めがかかった。国公立大は国立大の志願者が微減で、地方を中心に国立大より難易度が低い公立大が人気になった。

 今年、私立大の志願者は異変が起きた。早慶上理(早稲田、慶應義塾、上智、東京理科)では、東京理科大を除いて志願者減。MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)では2学部を新設した中央大を除いて志願者減。関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)では、関西大を除いて志願者減となった。昨年は慶應と関西学院を除き、すべて志願者増だったので、今年は難関上位大で志願者減が目立ったのだ。

 その一方で、今年、目立って増えたのは中堅から下位の大学だ。難易度が50未満の大学で大きく志願者が伸びている。安全志向が顕著になった。入試はこれまでと異なり、曲がり角を迎えているといえる。

 このような安全志向になった理由としては大きく二つ考えられる。ひとつは2016年から始まった定員の厳格化によって合格者を減らした大学が多く、難易度が上がったことだ。受験生は現役での進学志向が強く、難化した上位大を敬遠したと見られる。

 もう一つが再来年から始まる大学入試改革だ。センター試験を廃止して、新しく大学入学共通テストが始まる。そのため、来年の入試は、最後のセンター試験を受けることになる。

 来年の受験生は浪人すると大学入学共通テストを受けなければならなくなり、外部の英語試験を受けたり、国語と数学にマーク式以外の記述式問題が加わったりする。今までと異なり新たな対策が必要となるため、今年以上に現役での進学を目指すと予測されている。

 となると、今年以上の安全志向となることは確実で、入試は混乱すると予測されている。そこで、今年の入試で浪人すると、その新たな入試に巻き込まれ、今年以上に合格を勝ち取るのは難しいとの考えが、現役進学志向に拍車をかけたと見られる。

 大都市圏の私立大入試の難化を促進した定員厳格化だが、今年は文科省の縛りが昨年並み(大手大学で定員の1.1倍未満)に落ち着いた。そのため、合格者を増やす大学も多かった。

 例えば、MARCHでは法政大を除いて合格者を増やし、現段階で合計2866人増えている。志願者が減って合格者が増えたのだから、MARCHには入りやすくなったはずだ。ところが、高校からは「MARCHで生徒がバタバタ落ちている」「今年も自校の大学合格実績の伸びが期待できない」などの声が漏れてくる。

 これは合格校に変化が見られたことが要因ではないだろうか。今年のMARCH合計の合格者出身高校別人数を見ると分かる。

 トップは昨年の2位から順位を上げた埼玉私立の大宮開成の561人だった。内訳を見ると、中央大が151人、法政大147人で全国トップ。立教大も2位に入った。2005年に中高一貫部を開設し、実績を伸ばしてきている。埼玉の中高一貫校では栄東と開智の実績が高いが、それに続くのではとみられ人気が上がっている。昨年は東大に2人、京大に1人、東北大に6人、埼玉大に33人の合格者を送り出している。

 2位が神奈川の湘南(公立)で450人だ。3位が厚木、4位が浦和第一女子、5位が柏陽の順。埼玉と神奈川勢が強く、トップ10には埼玉と神奈川がそれぞれ4校入った。東京では国学院大久我山、千葉では市川が入っただけだった。

 公立高でも男女別学校が多い埼玉で注目すべきは、4位の浦和第一女子。埼玉のトップ女子高だ。立教大が今年、全国トップの合格者数で、MARCH合計では昨年に比べ151人増、昨年の43位から4位に躍進した。

 同様に11位の県立浦和は埼玉トップの男子校だ。昨年も東大合格者数は県内1位だった。明治大の合格者数が全国トップで、MARCH全体で125人合格者が増え、昨年の37位から躍進した。

 このように、埼玉や神奈川でトップ校からの合格者増が、これまで合格者を出していた学校に影響したのではないかと見られる。いずれも安全志向から受験者が増えたと見られているが、結果としてMARCHが難化したといえる。

 そうした傾向は10年前と比べた合格者数をみると、よりはっきりする。もっとも合格者を増やしたのは大宮開成だ。136人から561人に425人も増えた。

 2位は高校単独校の朋優学院だ。10年前の21人合格から244人と、223人増えた。元は女子校の中延学園だったが、2001年に共学化と同時に現校名に変更した。当初あった調理、美術などのコースを2016年に廃止し進学校となった。2010年に国公立コースも設置し、昨年は東大2人、京大1人、東北大3人などの合格者を送り出している。昨年は新校舎も竣工した。

 高校受験では近年、中学のある私立高より高校単独校の人気が高い。入学時に全員が同じスタートラインに立つことが好まれているからだ。

 10年前にMARCH合格者ゼロから205人になったのは、東京都市大等々力だ。元は女子校の東横学園中高で、2009年に武蔵工業大が東京都市大に名称変更し、あわせて現校名に変更した。翌2010年に共学部を設置し、そこから実績が伸びた。昨年は東大に合格者を1人送り出している。中学入試の人気校で、志願者は3000人を超え、首都圏の中学受験の志願者ランキングでは6位に入っている。

 一方、公立では神奈川の高校が、合格者を伸ばしているのが目立つ。柏陽、川和、大和、厚木などだ。東京と同じように、神奈川でも高校の学区を撤廃したことが大きいようだ。

 この他でも10年前には卒業生が出ていない公立中高一貫校の合格者も多い。MARCHの合格校の顔ぶれが様変わりしていることは確かなようだ。

●文/安田賢治(大学通信 常務取締役)