キャラクターの思いはまっすぐ届く。梶 裕貴が感じた、子ども向けアニメの意義

アニメで見たヒーローやヒロインの姿は、たくましく、凛々しく、しびれるように、子どもの心に強い憧れを抱かせる。「将来はそのキャラクターになりたい」と思ってしまうこともあるほどに。

『進撃の巨人』のエレン・イェーガーや『僕のヒーローアカデミア』の轟 焦凍、『ポケットモンスターXY』のシトロンなど、数々の人気作品でメインキャラクターを務める声優・梶 裕貴。

熱血少年からクールな二枚目まで幅広い役を演じ分け、『ナカイの窓』や『newszero』といったテレビ番組の声優特集にも出演する、「人気声優」を象徴する存在だ。

いつ何時でも穏やかな姿勢を崩さない彼は、周囲の子どもから、自身が演じたキャラクターに「将来なりたい」と言われたと、幸せそうな笑顔で教えてくれた。

キャラクターの思いやメッセージは、まっすぐ子どもたちに届く。それを実感した梶は、子ども向けアニメに出演する意味を噛み締めながら、『映画プリキュアミラクルユニバース』に臨む。
(文/ライブドアニュース)

撮影/祭貴義道 取材・文/渡邉千智 制作/iD inc.

デフォルメされたキャラでも、芝居は記号的にはしない

「プリキュア」シリーズ1作目である、2004年の「ふたりはプリキュア」を妹さんとご覧になっていたとコメントされていました。
はい。キュアホワイト(声/ゆかな)推しの妹と(笑)。でもどちらかというと、僕は「プリキュア」を楽しんでいる妹を見守っているニュアンスでしたかね。
今の時代において、女の子が必ず通る道と言っても過言ではない作品ですし、当時、妹もかなり熱心に応援していました。そんなこともあって、今回の出演を報告したらすごく喜んでくれましたね。
「プリキュア」シリーズにはどんなイメージをお持ちでしたか?
日曜日のあの時間帯の作品はそれ以前から観ていましたが、「ふたりはプリキュア」で、また新たな女の子のヒロイン……いや、もはやヒロインではなくヒーローですよね。魔法少女的なヒロインというより、強くて戦える新しいヒーローが誕生したと思いました。オープニングもすごく耳から離れない楽曲で、強く印象に残っています。
梶さんのおっしゃる通り、まさにヒーローですよね。
当時、女の子がパワフルに戦う姿はかなり新鮮な印象がありました。でも今となっては、そこに男女は関係ないですよね。…むしろ、女の子のほうがメンタルが強いんじゃないかって、僕もバトルもののアニメに出演させていただくなかで感じたりします。
たまたま僕が演じる役にそういうタイプが多いだけかもしれないですけど、人間ドラマを描くなかで、必ずクヨクヨしてしまう瞬間があるんですよね。
「ふたりはプリキュア」の彼女たちは、そういった瞬間もありつつ、それでもたくましく凛々しく乗り越えていく。ひとりではなくて、仲間がいるのも大きいでしょうし、戦いのなかでもそういった絆が垣間見られるのは素敵ですよね。
そして、3月16日(土)公開の『映画プリキュアミラクルユニバース』に梶さんがゲスト出演。演じられるのは、プリキュアがワープした惑星ミラクルの星々を司る大統領(声/田中裕二)の側近であり、宇宙警備隊のヤンゴです。
すごく真面目で、仕事に対しての熱量と誇りを持っている印象を受けたので、「デキる人だ」とわかるようなキビキビとした芝居をしようと考えています。加えて彼には、今はまだお話できない秘密があるので、そことのバランスがうまく取れたらいいなと思っています。
収録でどのような演出をいただくかにもよりますが、デフォルメされているキャラクターだから、お芝居もデフォルメしようとか記号的にしようとは考えていません。
キャラクターのアイデンティティーや背景をしっかり汲み取って、ヤンゴの人生を表現できればいいなと思っています。そこを踏まえて、子どもたちが夢を抱いてくれるようなお芝居がしたいです。
昨年10月に公開された『映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ』にゲスト出演された宮野真守さんが、「“子ども向け”とカテゴライズされてしまう作品では子ども向けにお芝居をしてはいけない」とおっしゃっていました。今のお話ともつながりますね。
まさにそうですね。わかりやすさは大事かもしれないけれど、そのなかで「このキャラクターはちゃんと生きているんだ」といかに伝えられるかが大事だと思います。
小さいお子さんであればあるほど、大人が気づかないような細かいニュアンスにまで敏感だったりするんです。だからこそ、細かい心情の変化は丁寧に作っていかなければいけない。子どもたちがキャラクターを気に入って、好きになってくれるように作っていきたいですね。
キュアスター/星奈ひかる役の成瀬瑛美さんとは本日、はじめてお会いになったんですよね(※取材が行われたのは1月下旬)。
はい。すごくエネルギッシュでキュアスターのイメージにぴったりでした。キュアスターの雰囲気が掴めた気がしたので、そこもヤンゴのお芝居に活かしていけたらなと思っています。

キャリアを積むなかで、子ども向けアニメの力を感じるように

「ふたりはプリキュア」をご覧になっていた高校生の頃、梶さんは声優を目指していたと思います。
当時は、具体的に「こういった作品に出たい」とは考えていなかったです。しかも「プリキュア」のような、家族で一緒に見られる子ども向けアニメは、ベテランの役者さん方が多く出演されている印象が強かったですし、「出たい」なんてそんなおこがましいことは…。
でも声優としてキャリアを積んでいくうちに、子ども向けアニメの意義といいますか、その力の大きさをだんだんと強く感じるようになってきて。次第に「出られたらいいな」と思うようになっていったので、そんなタイミングでの今回のオファーは、すごくうれしかったですね。
梶さんが感じた「子ども向けアニメの意義」とは何でしょう?
本当に、ストレートに子どもたちに夢を与えられる場所ですよね。別の作品になりますが、小さいお子さんに会ったときに「○○○の声だ!」と言われて「そうだよ」と答えたら、すごく目を輝かせて喜んでくれたんです。
他にも、僕を担当してくださっているヘアメイクさんの甥っ子さんは、将来は僕の演じているキャラクターになりたいとまで言ってくれているようで。もう…すごくうれしいですよね。もちろん、うれしい気持ちと同時に、ますます気を引き締めて芝居に向き合っていかなきゃ、という責任も感じるのですが…(笑)。
でも、そのキャラクターの思いやメッセージは、きっとまっすぐにお子さんに届く。それをここ数年は実感していて、まさに「プリキュア」はその筆頭です。
「将来はプリキュアになりたい」と言うお子さんも多いですからね。
さすがに妹は、「ふたりはプリキュア」放送時、それなりに年齢も重ねていたので「プリキュアになりたい」とまでは言わなかったですが、幼稚園の頃は、お遊戯会で、キャラクターの衣装を着て踊っていたこともありました。
日曜日のあの放送枠をはじめ、たくさんの男の子や女の子に夢を与えられる作品の意義の大きさを感じますね。

すべての努力が糧になる。声優になるため、学業も全力で

当時、声優になるために梶さんはどんな勉強をされていたのでしょうか?
中学生の頃に声優になろうと決めたのですが、演技に触れたことがなかったので、まずは高校で演劇部に入って。それと同時に養成所に通いはじめてレッスンを受けるようになりました。本当に役者としての門を叩いたくらいで、「ここからはじまるんだ」と漠然と思っていましたね。
養成所は週に1回のレッスンだったので、どちらかというと演劇部の活動から吸収することが大きかったと思います。はじめて役を演じたり、はじめて舞台に立ったり。芝居のノウハウを部活で、基礎的な部分を改めて養成所で学びました。
「将来は声優になる」と、一本に絞っていたのですか?
中学の頃に決めてからは変わらずですね。その前まではいろいろとやりたいことがあって、夢がコロコロと変わるような子でした。でも、その都度、夢に対してまっすぐ向き合ってきて。
中学のときに「声優は、何を頑張ってもすべて自分の力になる職業」という言葉を知って、声優になれば、これまで興味を持って頑張ってきたことがすべて活かせるんじゃないかと思ったんです。いろんなことに興味がある自分にはぴったりな仕事じゃないかって。中高の頃は「声優になる」ということしか考えていなかったですね。
すべてが声優という仕事の糧になると?
もちろん勉強もそうですし、学校で過ごす時間も。中学では生徒会長をやっていたのですが、そういった経験もすべて活かせると思ったんです。あとは単純に、親や友人の期待に応えたいという思いもありました。だから、声優になるという夢を持ちつつも、学校生活にも全力で取り組んでいましたね。
生徒会長だったとはスゴいです。
恥ずかしがり屋で人見知りでしたけど、「誰かの役に立ちたい」とか「困っている人を助けたい」という思いがあって。生徒会長も、周りの人たちが望んでくれるならやろうかな、という感じだった気がします。向いていたかどうかは…わからないですけどね(笑)。
梶 裕貴(かじ・ゆうき)
9月3日生まれ。東京都出身。O型。2004年に声優デビュー。主な出演作品は、『進撃の巨人』(エレン・イェーガー)、『七つの大罪』(メリオダス)、『僕のヒーローアカデミア』(轟 焦凍)、『逆転裁判 〜その「真実」、異議あり!〜』(成歩堂 龍一)、『からかい上手の高木さん』(西片)、『アオハライド』(馬渕 洸)など。著書『いつかすべてが君の力になる』(河出書房新社)が発売中。2019年4月から放送されるあだち 充原作の『MIX』では主人公の立花投馬を演じる。

出演作品

『映画プリキュアミラクルユニバース』
2019年3月16日(土)全国ロードショー
http://www.precure-miracleuniverse.com/
©2019 映画プリキュアミラクルユニバース製作委員会

サイン入りポラプレゼント

今回インタビューをさせていただいた、梶 裕貴さんのサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント。ご希望の方は、下記の項目をご確認いただいたうえ、奮ってご応募ください。

応募方法
ライブドアニュースのTwitterアカウント(@livedoornews)をフォロー&以下のツイートをRT
受付期間
2019年3月11日(月)18:00〜3月17日(日)18:00
当選者確定フロー
  • 当選者発表日/3月18日(月)
  • 当選者発表方法/応募受付終了後、厳正なる抽選を行い、個人情報の安全な受け渡しのため、運営スタッフから個別にご連絡をさせていただく形で発表とさせていただきます。
  • 当選者発表後の流れ/当選者様にはライブドアニュース運営スタッフから3月18日(月)中に、ダイレクトメッセージでご連絡させていただき3月21日(木・祝)までに当選者様からのお返事が確認できない場合は、当選の権利を無効とさせていただきます。
キャンペーン規約
  • 複数回応募されても当選確率は上がりません。
  • 賞品発送先は日本国内のみです。
  • 応募にかかる通信料・通話料などはお客様のご負担となります。
  • 応募内容、方法に虚偽の記載がある場合や、当方が不正と判断した場合、応募資格を取り消します。
  • 当選結果に関してのお問い合わせにはお答えすることができません。
  • 賞品の指定はできません。
  • 賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
  • 本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。
  • 個人情報の利用に関しましてはこちらをご覧ください。
ライブドアニュースのインタビュー特集では、役者・アーティスト・声優・YouTuberなど、さまざまなジャンルで活躍されている方々を取り上げています。
記事への感想・ご意見、お問い合わせなどは こちら までご連絡ください。