パキスタンの高峰ナンガパルバット(2014年6月13日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】「キラーマウンテン(死の山)」と呼ばれるパキスタン北部の高峰ナンガパルバット(Nanga Parbat)で9日、2週間近く行方不明となっていた外国人登山家2人の遺体が発見された。

 英国人のトム・バラード(Tom Ballard)さんとイタリア人のダニエレ・ナルディ(Daniele Nardi)さんからの連絡は、2月24日を最後に途絶えた。

 2人は、世界第9位の高峰で、標高8125メートルを誇るナンガパルバットの未踏破ルートでの登頂を目指していた。

 駐パキスタンのイタリア大使は9日、航空写真により2人の遺体が確認されたとの情報をリツイート。

 ナルディさんのフェイスブック(Facebook)ページには、2人の死亡が確認されたとの発表が投稿された。投稿には、「ダニエレとトムさんの捜索が終了したことをお伝えします」「彼らの一部は、ずっとナンガパルバットにとどまり続けるでしょう」と記されていた。

 バラードさんは英国人登山家、アリソン・ハーグリーブス(Alison Hargreaves)さんの息子。ハーグリーブスさんは女性として初めて、世界最高峰エベレスト(Mount Everest)への無酸素単独登頂を果たしたが、1995年にK2から下山中、亡くなっている。

【翻訳編集】AFPBB News