維新の足立康史議員(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 松井府知事と吉村市長の入れ替わりダブル選表明に維新が浮足立つ中、日刊ゲンダイの調べで“暴言”が度々注目される足立康史衆院議員に公職選挙法違反の疑いが発覚だ。

維新は「賞味期限切れ」学会幹部容認“全面衝突”の皮算用

 代表を務める「あだち康史後援会」の2016年分の政治資金収支報告書には、5月23日付で橋下徹前大阪市長の講演業務を担う「蝪圍離泪優献瓮鵐函廚法峩恐偲姐岷蚓繊廚箸靴董■横隠極円の支出が記されている。翌月11日に府内で開かれた政治資金パーティーの「開催事業費」として処理。216万円は橋下氏へのギャラということだ。

 問題は、パーティー収支が赤字なこと。収入は460万円で経費は約546万円。赤字幅は100万円近い。17年8月7日にも同様のパーティーを開いたが、こちらも約100万円の赤字だ。

「赤字となった政治資金パーティーに選挙区内の支援者が参加していた場合、有権者への供応接待とみなされ、公選法違反になる可能性があります」(政治資金に詳しい神戸学院大教授の上脇博之氏)

■足立事務所の怪しい説明

 実は、17年10月まで維新に所属していた伊藤俊輔衆院議員の政党支部も、会合に橋下氏を招いた際の講演料を支出。パーティー収支はわずか2万円の黒字だが、「『寄付』と受け止められる恐れがあるので、赤字にならないよう留意した」(伊藤事務所)と答えた。かつての同僚がそこまで気を配っていたのに、2年連続で「橋下講演会」の赤字開催とはどういうことか。足立事務所に聞いた。

「両年ともパーティー当日はまれに見る悪天候に見舞われ、公共交通機関のストップなどで来場者が極端に少なくなり、加えて不参加者には返金をしたので結果的に赤字となったが、天候不順は全くの不可抗力であり、当方には供応の意図は全くなかった」

 ところが、気象庁のサイトによると、16年のパーティー当日、府内で雨は1ミリも降っていなかった。事務所に再確認すると担当者はこう回答した。

「17年は台風が直撃。記憶の限りでは16年も雨風が強かったと思いますけど。いずれにせよ、予想より来客が少なかったということです」

 極めて怪しい説明だ。票狙いのために橋下氏の講演を客に「供応」した疑惑は拭いきれない。