タモリ

写真拡大

 タモリ(73)が9日放送のNHK「ブラタモリ」(土曜後7・30)で徳島県を訪れ、2015年4月に3年ぶりにレギュラー番組(第4シリーズ)として復活して以来、47都道府県を制覇したことを報告した。

 冒頭「今日は徳島に来ています。徳島市ですね。これで一応、都道府県すべて行ったということになるんです」とタモリらしく淡々と報告。4代目アシスタントを務める林田理沙アナウンサー(29)は「全部回られて」と応じた。

 徳島について、タモリは「3度ぐらい(訪れたことが)あるけど、すべて用事で来ているんで。用事が終われば、すぐ帰るんで。観光というのはないですね」。この日の第128回は阿波踊り誕生の裏側に迫った。

 NHK徳島放送局の公式ツイッターもこの日「タモリ、やっと徳島に来る」とつづった。

 第1回(15年4月11日)の長崎県からスタート。第106回(18年5月26日)で山口県、第113回(18年9月29日)で山形県、第116回(18年10月20)で佐賀県、第120回(18年12月8日)で福井県を訪れ“全県制覇”にリーチをかけた。第122回(1月12日)で番組初の海外編となるローマに渡った。

 18年3月24日に記念すべき100回目のオンエアを達成。今後の展望について、中村貴志チーフプロデューサーは「まずは“全県制覇”ですね。まだ行けていない県もありますし、そういったところから来てほしいというお話もあります」と語っており、目標達成。16年に「測量の日 功労者感謝状」、17年に「日本地質学会表彰」、18年に「地盤工学貢献賞」に輝いているが、また一つ新たな“勲章”を手に入れた。

 第4シリーズ以降、アシスタントは桑子真帆アナウンサー(31)、16年4月から近江友里恵アナウンサー(30)が担当。18年4月からは林田アナがタモリのパートナーになった。