佐々木希のライフスタイルブック「希んちの暮らし」の発売に伴い、本日都内で、刊行記念イベントが開催された。佐々木希と今回の書籍でもゲスト出演し、料理指導を担当している料理家・濱守球維がトークセッションを行った。バッサリ切ったショートカットに、自身のアパレルブランドのストライプ柄ワンピースに身を包んで登場した佐々木。ママになってもその美しさは健在。


著書について「昨年から、たくさん打ち合わせして、直前までチェックもしていたので、やっとできてホットした気持ちと、みなさんどう思ってくれるかっていう不安と…一言では言えない気持ちです」とドキドキの様子。実際、自宅で使っている愛用グッズを撮影に出しているとのことで、「一時期家からものがなくなってちょっと不便だなと思いつつ、幸せな悩みでした」とはにかんだ。


同書の企画の中で“もしも、友人が突然遊びに来ることになったらどうおもてなしする?”が特にお気に入りらしく、「これは本当にガチの抜き打ちだったので、この日、撮影というは聞いていたんですけど、慌ててスーパーに行っている様子を密着されてます」といい、素の表情の佐々木を楽しめるとのこと。「いや〜、面白かったです。45分(制限時間)で、目まぐるしかったですけど、すごい良い経験になりました」と充実の撮影だった模様。「45分で4品作れって言われたら、私でも嫌だってなる」と佐々木の手際の良さを濱守も絶賛していた。


また、一番のお気に入りメニューを聴かれると「枝豆の薬味漬け」とのこと。「たまに違う感じがいいなという時に薬味で。本当に簡単なので、ぜひ試してみてください。薬味だったら何でもいけます」と笑顔で語った。


「希んちの暮らし」概要

31歳を迎え、20代から30代にかけて訪れた人生の転機は、“暮らし”というものを考え直すきっかけになったという佐々木希。今回発売のライフスタイルブックでは、佐々木の生活や意識の変化をきっかけに始めたwithの連載で1年間プロから学んだ料理のレシピや家事の豆知識、インスタグラムで好評の“#希んちのごはん”のレシピの初公開や、佐々木が実際に使用している器や調理器具などの愛用品を紹介している。

◆発売日: 2019年3月5日

◆定価:本体1200円(税別)

◆B5変型判 96ページ