美容整形後、スタジオで撮影された有村藍里さん(撮影/長谷英史)

写真拡大

 美容整形を公表したタレント・有村藍里さん(28)に対する賞賛の声がとまらない。これまでは、たとえ女性芸能人の顔に変化が見られても、そのことについて触れてはならない雰囲気があった。しかし、3月3日に更新された本人のブログでは「あれ?なんか最近雰囲気変わった?と思っていた方もいらっしゃると思いますが」と切り出すと、美容整形に踏み切ったことを告白したのだ。

「変わることも怖かった、変われないままでいることも怖かった」(本人のブログより)

 もともと口元にコンプレックスがあったという彼女。口元の突出感や、笑うと歯茎が露出してしまうガミースマイル、口を閉じにくいことに悩んでいたという。

「口元が気になって人前で素直に笑うことが怖くなっていました。あと少しここがこうなっていれば…毎日メイクをするたびにその気持ちが溢れてきました」(同上)

 同日放送された『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)では、手術の前後に密着し、決意に至るまでの悩みや葛藤……そして、その後のいきいきとした表情を写し出していた。現場で彼女の姿を見ていたスタッフは、その変化をどう感じたのだろうか。

◆現場担当カメラマン「口元を隠すクセがなくなった」

 番組内にも登場したスタジオ撮影の現場担当カメラマン・長谷英史氏は、手術前後で「彼女自身の印象がまるっきり変わった」と話す。まず、手術前の有村さんはどうだったのか。

「本人のSNSを見てもわかるとおり、口元を手で隠していたり、どこかごまかすような仕草が多かったんです。特に、口元を気にしているせいか、笑っている写真が少ない」(長谷氏、以下同)

 有村さんはスタジオでも「笑顔の写真はセレクトしない」と語っていた。

「僕としては撮っているなかで『笑顔もぜんぜん可愛いよ』と伝えていたのですが、やっぱり表情が堅い……。ただ、撮られているときは向こうもプロなのでこちらの指示に従ってくれるのですが、選ぶ段階で『笑っている写真は嫌だ』という本人の主張はありましたね。キメ顔の角度なども本人なりのルールがあったのでしょう。そのぶん、似たような表情の写真が増えてしまうこともありました」

 顔の角度やポージングが限定されると、当然、表現のバリエーションも狭くなってしまう。だが、手術後に再会して撮影したときには、その変化に驚いたそうだ。

「笑顔がすごく自然に出て。いちばんの変化は、口元を隠すクセがなくなったこと。動きも大きくなって、新鮮でした。どの角度で撮られても不安がなくなったということでしょう。また、もともと人見知りなところはあったのですが、今はだれに対してもニコニコしていて、前よりも話すようになった」

◆「一歩を踏み出したことで、心まで整った」

 彼女の変化は、顔や見た目だけではない。

「以前は、他人と目を合わせることも苦手だったと思うのですが、きちんと向き合うようになった印象ですね。もちろん、整形をする前も十分に可愛かったと思うのですが、勇気を出して整形を決意し、一歩を踏み出したことで、心まで整ったことが大きいのではないでしょうか。整形に依存して何度も繰り返してしまう人もいると思います。コンプレックスがなくなって気持ちが明るくなり、前向きに生きられるようになったときが本当の意味で整形の成功かと。彼女はもともとすごく性格が良くてスタッフにも好かれる。不安が解消されたことで、今後はもっとのびのびと色んな仕事ができるようになるんじゃないですかね」

 ブログにて「美容整形については、肯定も否定もするつもりはありません。決めるのは自分だと思っています」と話していた有村さん。今回公表したことについては「隠す必要も無いのかなと思って。今の私も手術前の私もワタシだから」。その後、有村さんは自身のツイッターにて、「今言えることは、何も気にせず笑えるってとても楽しい」と笑顔の写真をアップしている。

 もちろん、ネット上にはネガティブな意見もある。だが、それ以上に多くの女性から共感の声があがり、「とても可愛い」「素敵」「勇気をもらった」などのポジティブなコメントが数多く見られるのだった。<取材・文/藤井敦年>