個人後援会の設立総会の会場で出席者を迎える自民党の岸田文雄政調会長(左から2番目)ら=8日、静岡市

写真拡大

 自民党の岸田文雄政調会長は8日、大阪府の松井一郎知事と吉村洋文・大阪市長が4月の統一地方選と同日で知事と市長の立場を入れ替えたダブル選に立候補すると表明したことを批判した。

 「多くの有権者からみると、理解しがたい部分がある。何のためにそういった複雑なことをするのか、しっかり説明をするべきだ」と述べた。

 静岡市内で記者団の取材に答えた。ダブル選への党の対応については「自民党として、地元大阪府連としっかり意思疎通をはかりながら、考えていかなければならない」と語った。