新聞記者にイライラ(時事通信フォト)

写真拡大

 国会や首相官邸で日々取材する政治部記者には、見聞きしても絶対に書けない記事がある。首相や官房長官、与党幹部が番記者にふと漏らした本音は、「夜回りメモ」や「オフ懇メモ」として本社のデスクに報告されるが、決して紙面に載ることはない。しかし、本来そうした話こそが、この国の政治に何が起きているかをありのままに知ることができる生の情報なのだ。

 そこで覆面政治部記者座談会を開催し、“核心”に迫ることにした。本誌・週刊ポストの呼びかけに、政権に食い込みながらも“冷めた目”で権力を分析するデスククラスのA氏、首相官邸や自民党を長く担当して主流派、反主流派のどちらにも太いパイプがあるベテランB氏、そして夜回り取材の第一線で飛び回る中堅の2人、“安倍肯定派”のC氏、政権に距離を置くD氏という政治部記者4人が匿名を条件に応じた。A氏は、「安倍総理は菅さんに嫉妬しているフシがある」と切り出し、話は菅義偉官房長官の現状に至った。

司会:政権の緩みと言えば、菅官房長官と東京新聞の望月衣塑子(いそこ)記者とのバトルも大人げない。官邸報道室が内閣記者会に「事実を踏まえた質問」をするよう文書で要請したことに、新聞労連が抗議声明を出す騒動になっている。現場の記者として本音はどうなのか。

記者D:官邸の報道室長名のクレーム文書が届いたとき、東京新聞の政治部ではデスクたちが大爆笑したそうです。こんな文書を出せば官邸が批判されるのに、損なことをどうしてやるのかと。あまりにも官邸に余裕がなくなっている。文書を作成したのは官邸報道室長の上司にあたる長谷川榮一・内閣広報官だとみられているが、長谷川さんはもともとオフレコでよく喋ってくれる記者にはありがたい人だが、最近は取材しにくい。

記者C:官房長官番はみんな大迷惑。会見後に囲み取材で菅さんに話を聞こうとしても、カッカしているから出てくるのは望月記者のことばかりで、本来予定していた質問ができない。「(彼女は)インターネットで報じられるから、自分の意見を言いたいだけ」「自分の講演のネタづくりがしたいだけじゃないか」と望月記者の悪口集ができあがる。

記者B:新聞労連の抗議にしても、実は南彰・委員長は望月記者と共著がある人物だから、現場の記者は冷めて見ている。それに官房長官会見を除けば、一時期のような政権による言論介入はみられなくなった。

 民放の記者が言うには、ロシア外交について聞かれた河野太郎・外相の「次の質問どうぞ」という質問無視や桜田義孝・サイバーセキュリティー担当相の「USBは穴に入れるらしい」といった発言をワイドショーでコメンテーターが厳しく批判しても、官邸や自民党からは何も言ってこない。

 水泳の池江璃花子選手についての桜田大臣の「がっかり発言」に野党は噛みついていたが、夜のニュースから報道をやめたのは、池江さんの心労の種になってはいけないという局内の自主判断といっていた。

記者D:政権の直接介入が減ったのは、メディア側が自主規制するからじゃないですか。沖縄の基地移設をめぐる県民投票結果を朝日、毎日、東京3紙は2月25日付朝刊で〈辺野古「反対」72%〉(朝日)など1面トップで報じたが、産経新聞のトップ記事は「海自観艦式 韓国招待せず」、読売に至っては「適量ですか 高齢者の薬」という企画ものを1面トップで報じた。政権に不利なことを書かないという自主規制がここまでなされれば、官邸は注文をつける必要もないでしょう。

●レポート/武冨薫(ジャーナリスト)

※週刊ポスト2019年3月15日号