ジョナス・ブラザーズ、再結成の道のりを追ったドキュメンタリーがAmazonで公開へ

写真拡大

 ジョナス・ブラザーズが6年ぶりの新曲「Sucker」を2019年3月1日にリリースし話題だが、ケヴィン、ニックとジョーが再結成するまでの舞台裏に密着したドキュメンタリー映画がAmazonで公開される。

 彼らは、「僕たちのファンは世界一で、ジョナス・ブラザーズとしても個人としても僕たちの旅を分かち合ってくれた」と声明でコメントし、「このドキュメンタリーをリリースするにあたり、世界中のファンに届くようAmazonのような革新的なプラットフォームと提携したかった」と説明している。ドキュメンタリーはジョナス・ブラザーズがAmazon Studios、Philymack、リパブリック・レコードの一部門であるFederal Filmsと協力して製作される。

 この映画は彼らが再結成ツアーに向けて活動を再開した道のりを追う。Amazon Studiosのジェニファー・サルケ(Jennifer Salke)は、この作品を“極めて個人的で、内密な”ドキュメンタリーであると形容しており、「再結成した彼らを体験できるというニュースは誰もが願っていたことであり、この親密で感動的なドキュメンタリー・スペシャルを我々の顧客と分かち合えるのが待ち遠しい」と述べている。

 ジョナス・ブラザーズは2013年に方向性の違いを理由に解散した。当時ニックは、「“永遠”(になるかどうか)は言い難い」と米誌ピープルに話していた。ドキュメンタリーの公開日などは後日発表される。