社民党の又市征治党首

写真拡大

■又市征治・社民党党首(発言録)

 沖縄の辺野古埋め立て問題の県民投票で反対が72%を超え、1日に玉城デニー知事が埋め立て工事の即時中止を求めたのに対し、安倍晋三首相は「結果を真摯(しんし)に受け止める」と言ったけれども、工事を続行する。

 安倍さんの言葉の「真摯」っていうのは、「無視をする」と同義語だと言わざるを得ない。

 沖縄県民の思いや決断を尊重し、工事を中断し、しっかりと沖縄県側と話し合いをするのは当然だ。「沖縄の県民の声はこうだ」と米国側と交渉するぐらいの構えがなければならん。でないならば、米国の州知事以下な従属的な姿勢と言わざるを得ないのではないか。(5日、記者会見で)