田畑毅代議士

写真拡大 (全2枚)

「田畑代議士」を準強姦で告訴した被害女性の独占激白10時間(1/2)

 比例区当選なのに、離党届を出した理由を説明せずに雲隠れ。3月1日に認められた議員辞職にあたっても、やはり何の説明もなかった。不誠実極まりない態度であるが、事の真相を知れば、とても説明などできる案件ではなかったことがわかるのだ。自民党「魔の3回生」、田畑毅(つよし)代議士(46)を訴えた被害女性が激白する“選良”のウラの顔。

 ***

【音声】田畑代議士を問い詰めた被害者捨て身の録音音声

 田畑代議士が自民党に離党届を出したのは2月15日金曜日。土日を挟んで週明けの永田町は、揣摩憶測を囁く声でもちきりだった。

 マスコミ報道では、その原因について、〈女性トラブルがあった〉、詳しいところでも、〈暴行があり、女性が被害届を提出している〉程度。だから、逆にさまざまな当て推量が乱れ飛び、「人妻デリヘル嬢と不倫してた」「相手のバックにヤクザがいて脅されている」なんて根も葉もない噂も流れる始末。

田畑毅代議士

 そして、党が「届」の受理の判断を先送りしていたことも、そうした噂を広げた一因だった。

 結論を言えば、以下の文書が離党騒動の発端である。

〈告訴状 被告訴人 田畑毅〉

〈罪名及び罰条 準強制性交等罪〉

 そう記された書面が愛知県警に提出されたのは、2月6日のこと。告訴状はその日に受理された。田畑代議士は、これが公になるのを恐れ、ダメージコントロールを図るために先手を打って、離党届を出した……これが真相である。

被害女性が独占激白

「田畑さんがクリスマスイブにしたことを私は絶対に許しませんし、しっかりと社会的制裁を受けてもらうべきだと思います」

 と語るのは、この告訴状を出したご本人、すなわち、本件の“被害者”として警察に事情を話している女性だ。

「私は一時期、田畑さんと交際していた。しかし、その間に受けた仕打ちは許しがたいものでした。田畑さんには、しっかりと罪を償ってもらいたいと思います」

 仮に彼女を、中村清美さんとしておく。中村さんは、名古屋市在住の20代会社員。肩までかかる長い髪が印象的な美女である。

出会いはSNS

 彼女の告白に移る前に田畑代議士について説明しておこう。

 田畑氏は1972年、埼玉県生まれ。早稲田大学法学部を卒業し、日本銀行に入行。2008年に退職し、行政書士として独立した。

 2012年に自民党から出馬し、以来、当選3回。うち2回は比例東京、2年前の選挙では愛知2区に鞍替えして、比例で復活当選した。

 プライベートでは、日銀時代に結婚したものの、程なく離婚。以来、独身を通してきた。

 永田町での評価は、

「マジメで腰が低い。大人しくて仕事熱心」

 そんな男がなぜ、20も年の離れた女性から、刑事告訴までされ、党を離れんとする事態になったのか。

「田畑さんとの出会いは、昨年の夏。SNSがキッカケでした」

 と中村さんが続ける。

 誕生日の直前、突然、彼から〈おめでとうございます〉とメッセージが届いたのだという。

「気付かぬうちにフェイスブック上の『友達』になっていたんです。驚きましたけど、プロフィールには国会議員とあって身元もしっかりしているので、特に警戒せず、〈ありがとうございます〉と返信しました」

 こうして二人のやり取りが始まった。互いの出身地の話や天候の話。たわいもない話が続いた。距離が縮まった秋半ばになって初めて田畑代議士から食事の誘いがあったという。

「誘い文句として、私の仕事上、助けになるような人を紹介してくれると言われました。そこで10月、市内の焼肉屋さんで初めて会いました。第一印象はマジメで誠実。見た目も写真より実物の方がいいな、と思いました。彼は“キヨちゃんとは仕事じゃなくて、個人的にお付き合いしたい”と。とてもマジメそうな感じだったので、お付き合いをすることにしました」

 現職代議士の田畑氏は、国会開会中は東京に出ている。だから、会うのは週末が多かったという。

電子音が“ピコン”

 交際中、政治の話はほとんどなかった。覚えているのは、あの大臣への発言。当時、片山さつき大臣が連日、国会でスキャンダルを責め立てられていたが、

「彼女のことだけは、“クソババアだ”と吐き捨てるように言っていました」

 ここまでは、やや年は離れているものの、普通の、まぁお互いに仕事が忙しいカップルの交際といったところであろう。

 しかし、中村さんは、早くも11月には、「ちょっと違うな」と思うようになってきたという。

「まず田畑さんは、避妊具を使ってくれないんです。“何で?”と聞くと、“そういう主義なんで”“今日は大丈夫だから”と言う。で、私の身体のスケジュールを把握しているって言うんです。でもそんなの困るから、“全然大丈夫じゃないよ”と言うと、“じゃあ避妊薬飲んでよ”“飲めば安定するよ”。どれだけ自分勝手なのよ!と喧嘩になりました」

 さらに、これは“疑惑”のレベルだが、看過できないこともあった。

「いつからか、日常的に盗撮されているんじゃないか、と思うようになりました。スマホで動画を撮る時って“ピコン”ていう小さな電子音が必ず鳴るじゃないですか。その音が会話をしている最中などに聞こえてくるんです。最初は空耳かな、と思っていたんですけど、やっぱり何度も聞こえてくる。また、エッチをする前に、部屋のテレビ台の辺りでスマホを立たせようとゴソゴソしていることもあった。“あーこれは絶対に撮っているな。何とかしなきゃ”と思っていました」

 身勝手な言動に盗撮疑惑。これだけでも別れて不思議はない。忍耐強い中村さんは違和感を持ちつつも交際を続けたが、その後も彼の傍若無人ぶりはエスカレートするばかり。

 季節は冬になった。「そろそろ別れたいな……」。そんな気持ちを抱きつつ、迎えたのが“問題”のクリスマスイブだったのだ。

“消します消します”

「そんな気持ちだったんで、私は特に田畑さんに会いたくもなかったんです。でも、何日も前からどうしても会いたいと言うので、たまっている仕事を何とか片付け、夜に会うことにしました」

 二人はまず居酒屋に向かい、中村さんはハイボールを1杯空ける。その後、焼肉店に入って、グラスのシャンパンを1杯、そして、街の華やいだ雰囲気に呑まれるように、赤ワインのボトルを1本空けたという。かなりの酒量だ。睡眠不足だったこともあり、彼女はこの辺りから、記憶がおぼろげになる。

「店を出た後、コンビニに行ったことまでは覚えているんですが、そこからはまったく記憶がない。ハッと気が付いたら私の家にいて、しかも全裸で毛布をかけられていたんです。慌てて私は服を着ました。田畑さんは、肌着にトランクス姿だったと思います」

 後述するが、実はこの時、既に“行為”は行われていた。しかし、特に身体の痛みなどはなく、彼女は気付いていなかった。

 その後、彼は“再び”身体を求めてきたが、中村さんは拒否。いつも通りの会話をする中で、トラブルが起こる。

「田畑さんが、LINEで知り合いが私の悪口を言っている、という話をしてきました。で、それを見せてもらい、写真に撮ろうとした。そしたら、田畑さんが“プライバシーですから”とスマホを取り上げたんです。私はカチンと来て、“私にもプライバシーはあるよ”“盗撮してるでしょ。消してよ”って言ったんです。そしたら田畑さん、“はいはい消します消します”って」

“今夜”の動画も…

 あっさり悪業を認めた代議士。しかし、逆にその軽い口調が中村さんには信じられなかった。

「“私の目の前で消して”って言って、彼のスマホを取り上げて画像フォルダの中を見てみたんです。そうしたらめまいがするようでした。もうものすごい数の盗撮動画が入っていて……」

 彼女の記憶では、その数、ざっと200以上。中には、台所で中村さんが立っている姿や、仕事の電話をしているところなどもあったが、他方、彼女のカバンの中や、携帯の待ち受け画面のメッセージ通知などを写した、明らかに“覗き見”めいたものも含まれていたという。

 そして、

「ブラジャーのタグを写したものや、私と田畑さんがエッチしている過去の動画もありました」

 が、それより何より、彼女が茫然としたのは、

「まさに“今夜”の動画もあったんです。全裸で横たわる私の姿が舐めるように写されていて……私の身体から、彼の“した後のもの”が流れるところも撮られていたんです。さっきは知らない間に“されて”いた。しかも避妊もしてくれなかったことがこれを見て初めてわかりました」

(2)につづく

「週刊新潮」2019年2月28日号 掲載