画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●極厚! 18,000mAhバッテリー内蔵スマホ

スペイン・バルセロナで開催された携帯通信関連の展示会「MWC19 Barcelona」が2月28日に閉幕しました。今年は5Gがもはや“次世代”ではなくなり、出展各社が新しいビジネスの種を芽吹かせるために猛烈なアピールを繰り広げた、熱気あふれるイベントになりました。

しかし時代が先に進んでも、各社が丹精込めて作った最新のスマホはMWCの華であることに変わりありません。今年の注目端末については既に本誌でご紹介した通りですが、本稿は2019年MWCの番外地。会場で見つけた、ちょっとヒネリの効いた、いえ、かなりの世代を飛び越えてしまった“変わり種”のスマート端末をピックアップしてご紹介しましょう。

○圧倒的じゃないか、この18,000mAhバッテリー内蔵スマホは

フランスのマルセイユに拠点を置くAvenir Telecom社のEnergizerブランドが超時空要塞のようなスマホ「Power Max P18K Pop」を発表しています。まずは証拠写真にご注目下さい、この超ド級サイズ。Smart Battery Caseを装着した筆者のiPhoneがまるで赤子同然です。厚さはゆうに3〜4cmはありました。

いったいこの中に何が詰まっているのでしょうか。ブースに立つスタッフに聞いてみたら「18,000mAhのバッテリーが入ってるよ」だって。「っていうか、これスマホなんですか?」「はい、OSはAndroid 9.0ですよ」。

価格は600ユーロ(約7.6万円)のSIMフリー端末として今年の6月ごろに発売を予定しているとのこと。なんだ、案外安いんだね。でも、正直これ欲しいか? って話ですよ。重いし、デカイし。”薄型軽量”の時代と明らかに逆行してるし。

4日間に渡るMWC出展のハードワークを終えてようやくわが家に帰れるからなのでしょうか、上機嫌なスタッフが製品の特徴についてさらに深く教えてくれました。

「プロセッサーはMediaTekのHeilo P70。RAMは6GB積んでるからサクサク動作ですよ。ストレージは128GBあるし、microSDカードスロットでストレージを足せますよ。Dual SIM対応だし。そしてほら、デュアルレンズのインカメラがポップアップ!」。おお、ちょっと欲しい! クレジットカードは使えますか!

実は同社のブースでは本機の隣に、もう一つの大物が展示されていたという目撃情報もあります。

え、これって……。10,000mAhの内蔵バッテリーは(18,000mAhを見たあとでは)もう慣れて驚かないけど、「FOLDABLE=折りたたみ」「5G=ファイブジー」って……。すぐに理解が追いつきそうにありません。また夏頃に機会があったらマルセイユに出直そうかと思いますので、その際はどうぞよろしくお願いします。

●表はOLED、裏は電子ペーパーなスマホ

こちらは、中国のハイセンスがブースに展示した「A6」はデュアル・ディスプレイのスマホです。4月にヨーロッパ、中国で発売予定。価格は400ユーロ(約5万円)を予定しているそうです。

ひとつ白状しますと、私は去年もMWCに出展するハイセンスのブースに訪れて、こちらの前世代の機種を取材していたことをすっかり忘れていました。レポートはこちらです。ハイセンスは2017年から1年ペースで、片側にE Ink社の電子ペーパーを搭載するデュアル・ディスプレイのスマホをシリーズ化してきたそうです。こちらは第三世代のモデルになります。

昨年取材したモデルは液晶+電子ペーパーでしたが、新製品のA6は6.0型の有機ELディスプレイになりました。SoCはクアルコムのSnapdragon 660。12MPのメインカメラに、インカメラ(OLED側)は16MP。64GBのストレージにmicroSDカードを搭載。ミドルレンジクラスのスマホとしては申し分ないスペックです。

スタッフに訊ねてみました。「でも電子ペーパー側って使えるアプリとか限られているから、結局そんなに用途はないんですよね?」。

「いえ、この表裏スイッチアイコンをタップするとほら、Android OSの画面がそのまま電子ペーパー側で表示されて、カメラやYouTubeなどもそのまま使えるんですよ」。おお、これもちょっと欲しい! クレジットカードは(以下略)!?

●ジェスチャー操作できる腕時計型スマホ

これからのスマホのデザインはつまらない常識にとらわれるべきではないのかもしれません。Nubia(ヌビア)は“腕に巻くスマホ”「Nubia Alpha」を発表しました。中国では4月に649ユーロ(約8.2万円)で発売を予定しているそうです。

一見するとスマートウォッチでいいじゃん的な雰囲気も漂ってきそうですが、本機はあくまで“スマホ”なのでスタンドアロンで音声通話はできるし、eSIMで4G携帯通信ネットワークに接続できる機能を持っています。SoCはクアルコムのSnapdragon WEAR2100。RAMは1GBで内蔵ストレージは8GB。バッテリーは500mAhで、5MPのカメラが載っています。

ここまで来てもやはりスマートウォッチでいいじゃん的な雰囲気が払拭できなかった筆者ですが、「ハンドジェスチャーで操作できる機能がある」と聞いた途端に、気持ちをぐっとそっちの方へ引き寄せられてしまいました。スタッフの方にどんなふうに動くのかやってみてもらいました。VTRどうぞ。

なるほど、左の手首にこれを装着して、右手をかざしてスイスイと……。あれ? でもこれってタッチスクリーンですよね。無粋なことを言うかもしれませんが、もしや手で触れて操作した方が速くないですか?

そして手首が細すぎる筆者が装着したら、圧倒的な存在感を放つバングルみたいになってしまいました。腕時計みたいにコマを調節できるのか気になるところです。

●本体が「コルク製」のスマホ

筆者はポルトガルといえば、中学生の時にドラクエIIIをやって「こしょう」が有名なことを知り、あとはクリスチアーノ・ロナウドが生まれた国であることぐらいしか恥ずかしながら知識がなかったのですが、「コルク」も名産品なんですね。そしてコルクは木の皮から作られていたとは。

大事な知識を筆者に与えてくれたのが、MWCの会場に出展していたポルトガルのスマホメーカ、iki Mobileでした。

最初に目撃した時は「へえ、コルクっぽいスマホケースをつくっているんだね」と勘違いして手に取ったのですが、ケースのくせに意外とずっしりとくるし、っていうかケース外れないし。とゴリゴリやっていたらスタッフに止められました。「やめてください、これスマホの本体なんですから」と。

同社のスタッフいわく、「いまは背面パネルにコルクを使っているだけですが、ゆくゆくはいまはアルミニウム製のメインシャーシもコルクを原材料にして我が社がつくったコンポジット材(複合材料)に変えて、オール・コルクのスマホにしたいんですよ」と。え? でもなぜゆえにでしょうか。「そりゃもう、エコだからですよ」と同スタッフはまっすぐに答えてくれました。筆者も心が洗われました。

でも衝撃とか水濡れとか、耐久性は大丈夫なのでしょうか。と聞くと、現在同社が開発している素材は強化プラスチックと同等の物性を備えているので、まったく問題ないということでした。

会場に展示されていたフラグシップの「BLESS CLASSIC」は599ユーロだそうです。日本円だと約7.6万円。製品パッケージには誇らしげに「Made in Portugal」の文字が。いや、本気(マジ)に、これは日本でもおしゃれな雑貨屋とかに置いてあれば売れる予感がすごくします。

●ホログラフィック風のスマートディスプレイ

今年はCESで“巻き取り式OLED”を発表して、MWCでも立て続けにハンドパワーで操作できるスマホをお披露目したLGエレクトロニクスから目が離せませんでした。

いや、LGすごかったね〜とMWCの会場を立ち去ろうとしたところ、LGのブースにスマホ以外の「One More Thing」があるじゃないですか!

これです。ホログラフィック風のOLEDを内蔵したスマートディスプレイ。AIアシスタントには「Clova」に対応しています。初夏ごろに韓国で発売を予定しているそうで、MWCの会場ではプロトタイプのデモを見せていました。

もちろん音楽も聴けるスピーカーです。ボトムに360度方向へ音を広げる開口部があります。とてもステキにインスタ映えするスマートガジェットです。やっぱりLGはすごかった。

ということで、今年も筆者はMWCの取材を満喫させていただきました。ありがとう、来年もまた恋するバルセロナ!