かわいらしさも健在(公式ブログより)

写真拡大

「久しぶりに顔を見たけど、すごくかわいくて、とても47才とは思えない。マスターである夫を関西弁でやりこめる姿も、夫婦漫才みたいですごくハマってます」(50代主婦)

 NHK朝ドラ『まんぷく』で、9年ぶりのドラマ出演を果たした牧瀬里穂(47才)。主人公の立花福子(安藤サクラ・33才)を支える喫茶店のママ役が好評だが、実生活では立花家さながらの浮き沈みを経験してきたようだ。

「2008年に“裏原宿系ファッション界のカリスマ”と呼ばれたデザイナーのNIGO(48才)と結婚した時は、“デートのお迎えはロールスロイス”“彼は前歯にダイヤモンドを埋め込んでいる”といったセレブぶりが話題になりました。当時、夫の年収は5億円ともいわれ、まさに玉の輿。牧瀬は翌年に放送されたドラマ『再生の町』(NHK)を最後に女優生活から離れました」(芸能関係者)

 ところが、ほどなくして“裏原宿バブル”が崩壊し、夫の会社の経営状態はみるみる悪化してしまう。

「40億円以上の負債を背負い、最終的にブランドを香港のアパレル企業に売却しました。かつては原宿に大豪邸を構え、六本木ヒルズのペントハウスを衣装部屋に使っていましたが、それらもすべて手放したそうです」(前出・芸能関係者)

 そのため一時は離婚危機が報じられたが、“おしどり夫婦”ぶりは変わらなかったという。

「とにかくNIGOさんの“牧瀬愛”がすごいんです。牧瀬さんが友人と旅行に行く際にはホテルや航空券だけでなく、旅先でのハイヤーやタクシーまですべて事前にNIGOさんが手配する。行動を監視されているみたいで嫌じゃないのかなと思うけど、牧瀬さん自身はまんざらでもない様子で、“彼はただでさえ仕事のことで頭がいっぱい。そのうえ、私のことでも心配したくないんですって”なんてノロけていました。会社を迷わず売却したのも、牧瀬さんとの生活を最優先させたいというのが最大の理由だったそうです」(牧瀬の知人)

 そんな“愛”が仕事の原動力になったのか、NIGOは新たにブランドを立ち上げ、ユニクロやアディダスともデザイナー契約。さらに最近では、カレー店のプロデュース事業が軌道に乗っているという。

「さまざまな種類のカレーが自慢。中でもご飯を中央に盛り、両側に種類の違うカレーをかけるコンビネーションカレーが人気で、“同時に2種類の味が楽しめる”と評判になって大繁盛。現在は新宿、原宿、中目黒と都内で3店舗を展開していますが、いずれも客足が途絶えません。デザイン料でも儲かっているし、最近のNIGOさんは以前にも増して左団扇ですよ」(NIGOの知人)

 セレブ生活も復活し、今2人が住んでいるのは東京の街並みが一望できる都心の高級タワーマンションだという。

「2000万円のダイニングテーブルに、アンティークの椅子は1脚200万円でそれが6脚。牧瀬さん専用のウオークインクローゼットはなんと12畳。別荘も建て、そこには、茶道にハマっている牧瀬さんのための茶室まであるそうですよ。2人にはお子さんがいませんが、これからも夫婦水入らずで仲よく暮らしていくのでしょう」(前出・NIGOの知人)

 牧瀬のドラマ復帰については、夫の経営危機で困窮した生活を支えるためなどと囁かれたこともあったが、それは完全なる誤解のようだ。破産や離婚を乗り越えた夫婦は、さらにその絆を深めている。

※女性セブン2019年3月14日号