カナダ・バンクーバーの裁判所を去る華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟CFO(2018年12月11日撮影)。(c)CTV / AFP

写真拡大

【AFP=時事】カナダ司法省は1日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ、Huawei)の孟晩舟(Meng Wanzhou)最高財務責任者(CFO)の米国への身柄引き渡し手続きを正式に開始したと発表した。

 孟CFOは昨年12月1日、飛行機の乗り継ぎのため訪れたカナダ・バンクーバー(Vancouver)で、米当局の要請に基づき、対イラン制裁に違反した容疑で逮捕された。

 孟CFOは6日、身柄引き渡しに関する審理のために裁判所へ出頭する予定。審理では検察側が容疑に関する証拠を示し、身柄引き渡しの理由についての「詳細な弁論」を行う。判事が身柄引き渡しを命じた場合、司法長官が米当局への引き渡しについての最終決定を下すことになる。

【翻訳編集】AFPBB News