「ワールドウィッチーズ」コラボ自衛官募集ポスター

写真拡大 (全2枚)

自衛隊滋賀地方協力本部のアニメコンテンツとコラボした自衛官募集ポスターに批判や疑問の声が寄せられ物議を醸している。京都新聞が、同本部は取材に「下着ではなくズボンだという設定」などと答えたと報じたことでさらに波紋を広げている。

滋賀地方協力本部は、人気メディアミックス作品「ストライクウィッチーズ」の総合プロジェクト「ワールドウィッチーズ」シリーズとコラボした自衛官募集ポスターを昨年11月から展開。連合軍第501統合戦闘航空団「STRIKE WITCHES」の宮藤芳佳と坂本美緒、第502統合戦闘航空団「ブレイブウィッチーズ」の雁淵ひかりの3人が青空をバックにポーズをとるビジュアルに、「守りたいものを、守れる人に。」のキャッチコピーが添えられている。「ストライクウィッチーズ」TVアニメ放送10周年を記念したイラストバージョンもあり、県内各所に掲示されている。

この作品のキャラクターは、下半身に下着や水着のようなボディスーツを着用。しかし、作品や設定を知らない人からは「パンツ見えてます」「セクハラ」といった批判の声があがっている。

「パンツ見えてますよ。こんなにセクハラが問題になっている現代で、どんな感覚していたらこんなポスターが作れるんでしょうか。子どもの目にも入るのに。ポスター自体がセクハラです。守ってほしいのは、女の子の尊厳です」

「本当に気持ち悪い。女の子たち下半身下着、上半身制服で描く意味が不明。ひどい」

「とんでもロリコン趣味でまさかと思ったけど本物の『自衛官募集ポスター』だった」

「守りたいもの守れる人になろうと宣伝する前に自衛官募集にそのポスターは適切かどうか判断できるようになろうよ」

さらに、京都新聞が「アニメの既存の図柄を使用している。指摘の着衣は、下着ではなくズボンだという設定で、適切な範囲だと考えている」などという同本部の説明を報道。この作品がキャンペーンなどで使用していた「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」というキャッチフレーズともシンクロし、アニメファンからも突っ込みが寄せられている。

「パンツじゃないから、恥ずかしくないもんと真面目に回答する例を見る事に」

「本部の回答が『パンツじゃないから恥ずかしくないもん!』で死ぬ程草生えた」

「いや、ストパン使うのはねーだろ、普通わかるだろ、バカなの」

「その屁理屈がまかり通るのはキモオタアニメの中だけ」