パキスタン軍の報道官は27日、インドと領有権を争うカシミール地方で、インド軍の戦闘機が境界線を越えたため、パキスタン軍が撃墜したと発表した。撃墜されたインド軍の戦闘機は2機で、このうちの1機はパキスタン側に、もう1機はインド側に墜落したという。さらに、乗っていたインド軍のパイロット2人を拘束したことを明らかにした。NHKニュースが報じた。

両国をめぐっては14日、カシミール地方のインド側で、パキスタン側に拠点をおくイスラム過激派組織の攻撃によってインドの治安部隊の隊員ら40人が死亡する事件が起きた。これを受けて26日、インド軍が越境してパキスタン側に空爆を実施していて、軍事的な緊張が高まっている。

パキスタン軍 インド軍戦闘機を撃墜と発表(NHKニュース)