小室哲哉

写真拡大

 7年4カ月前のくも膜下出血から回復が鮮明なKEIKO(46)に、夫・小室哲哉(60)が寄り添う気配がない。それどころかヒット曲よろしく、離婚への「DEPARTURES」(旅立ち)を仄めかしているというのだ。

【写真】小室哲哉&KEIKO夫婦ツーショット

 5時間に及ぶ大手術で一命は取り留めたものの、KEIKOの脳には高次脳機能障害が残った。以来、病気療養に専念し、一度も公の舞台に姿を現さないままだった。

 そんななか、献身的な介護を続けていると思われていた夫の「不実疑惑」が、1年前の「週刊文春」の報道によって明らかとなった。程なく会見した小室は電撃的に引退を発表。KEIKOの体調について、〈小学4年生くらいの漢字のドリルとかが楽しいみたいです〉〈電話や会話がだんだん1時間から10分、5分、3分みたいな間しかもたなくなっています〉と明かし、回復の道がままならぬことを匂わせていた。

小室哲哉

 そしてこの2月。今度は「女性セブン」がKEIKOの近況を報じた。一挙手一投足と言わないまでも、大分県臼杵市にあるふぐ割烹店を営む実家で生活する彼女が上京し、ショッピングなどを楽しむ光景を活写している。ポンチョ風のコートに高めのヒールの黒いロングブーツ、いかにも滑らかな空色のバーキンというルックは、見られることを意識したそれだ。〈会話が3分しかもたない〉ばかりか、随分と弾んでいる様子。

「もともと小室さんとKEIKOさん一家は仲が良くて、ミシュラン三つ星の(実家ふぐ店の)東京店では、小室さん作曲のBGMを流していたほど。魚があまり好きじゃない小室さんが来たら、肉を出したりもしていた。それが文春報道の前くらいから距離が生まれて、KEIKOさんは実家に戻って静養するようになったんです。最近は小室さん自身、離婚を匂わせる発言を周辺にしていますね」

 と、二人を知る関係者。

“長く続き過ぎた”

 他方、KEIKOの回復は目を瞠るものがある。実家近くの住民によると、

「(母親でふぐ店の)女将さんが、“娘が家で料理を作ってくれた”と嬉しそうだったと聞きました」

 北品川クリニックの築山節(つきやまたかし)所長は、

「くも膜下出血は、脳出血よりも回復しやすい」

 と話し、こう続ける。

「くも膜下腔は脳の中心部ではなく表面にあります。脳出血では大脳の前頭葉のように脳の機能の幹となる重要な部分が損傷されることが多いのですが、そうではない。従ってリハビリで回復する可能性がかなりある。特にKEIKOさんの若さも奏効しているでしょう」

 更に、環境の変化も影響していると指摘する。

「リハビリなどで間違えた場合、ご主人とはいえ他人だと萎縮してしまいがち。一方で、KEIKOさんにとってご実家は、安心できる場所なのかもしれません。麻痺もなく動けるのであれば、発病前の身体の動きを学習し直すこともできます」

 KEIKOの母親を実家のふぐ店に訪ねると、

「筋トレやカラオケには確かに行っています。(離婚協議については)いやいや、まだ、そこまでは行っていません」

 裏返すと、“ある程度まで”は行っていると推察されるのだ。先の関係者に改めてぶつけると、

「小室さんは差し当たって、シナリオを書いてるみたいです。渋谷のスクランブル交差点にテロリストが来襲するといったような……。あと、“政治家になれ”と勧められてちょっとその気になったりということもあった。小室さんはその時々の気持ちを最優先させる人。2002年に結婚したKEIKOさんとの仲は、“長く続き過ぎた”と言えるのかもしれません」

“そばにいてほしくて”の歌詞も虚しく離婚へ「DEPARTURES」……。

「週刊新潮」2019年2月21日号 掲載