攻撃されると邪魔なブロックが下からせり上がってくる

写真拡大

◆ゲームコラムニスト・卯月鮎の絶対夢中★ゲーム&アプリ週報

『テトリス99』
Nintendo Switch任天堂/無料(「Nintendo Switch Online」加入者限定)/配信中

 Nintendo Switchの有料サービス「Nintendo Switch Online」の加入数が、2月1日の第三四半期決算説明会で公表されました。昨年9月にスタートし、加入数は800万アカウント超え。ハードの全世界累計セルスルー3000万台に対して、800万という数字が大成功か否かは判断が難しいところですが、少なくとも単純計算で1か月300円×800万アカウント=24億円という安定収入が得られるのは非常に大きいと言えます。

 ちなみに、ソニーの第三四半期決算資料によると、PS4の同種のサービス「プレイステーション プラス」の有料会員数は3630万人。2018年末のハード実売台数は9160万台なので、シンプルに計算すると約4割の加入率となります。任天堂としては、PS4と比べてもう少し加入者(率)を増やしたいというのが本音でしょうか。

「Nintendo Switch Online」に関して、「サービス内容の拡充にこれからも取り組む」と2月1日の決算説明会で表明していた任天堂。その一端とも言えるのが、2月14日に配信が始まったバトルロイヤル形式の『テトリス99』です。これまではファミコンが無料で遊べる「ファミリーコンピュータ Nintendo Switch Online」が特典の目玉でしたが、それとは別に新しいゲームが配信された形です。

『テトリス99』は、「Nintendo Switch Online」の加入者なら無料で遊べるダウンロードタイトル。オンライン上で99人が一斉に『テトリス』をプレイし、ゲームオーバーにならず最後まで生き残った1人が勝者となります。直接戦うバトルロイヤルゲームとは趣が異なり、“ソロ型バトルロイヤル”といった感覚でしょうか。

 ただ、ソロプレイがベースなものの、ラインを消したときに相手の盤面に邪魔なブロックを送れるという攻撃システムが導入されています。ブロックが積み上がっているプレイヤーを狙う「とどめうち」や、自分を狙っている相手に攻撃を仕掛ける「カウンター」など、状況に応じてうまく作戦を切り替えるのが上位に食い込むコツ。まあ、そうは言っても周囲を見渡している余裕はないのですが……。

 この『テトリス99』は、配信されるやSNSでも話題を呼び、一気に注目を集めました。今回は『テトリス』でしたが、ソロ型バトルロイヤル形式は今後の「Nintendo Switch Online」の中核をなす特典になる可能性を秘めています。

 たとえば、『スーパーマリオブラザーズ』の「99人同時バトルロイヤルスピードラン」というアイデアも面白そうですし、『アイスクライマー』のステージを100段の階層にして、誰が最初に頂上のコンドルを掴めるかといったルールも白熱しそうです。『ゼルダの伝説』99人ボス耐久マラソンもいいかも……。“ソロ型バトルロイヤル”は、任天堂のこれまでの資産を活用しやすく、アイデア次第でいくらでも可能性が広がっていきます。

 ファミコンなどシンプルなゲームのソロプレイは、「なぜそれを今やるのか?」という動機づけが難しいもの。バトルロイヤル制はそのモチベーションを強力に生み出し、プレイに緊張感と充実感を与えます。

 昨年は『PUBG』『フォートナイト』といったバトルロイヤルゲームが大流行し、当コラムでも2019年には多くのゲームにバトルロイヤルシステムが広がると予測しましたが、いきなり伝統的なパズル『テトリス』に波及したのには驚きました。手軽なe-スポーツとしての側面も持ち合わせた99人バトルロイヤル形式、「Nintendo Switch Online」でどう発展していくのか、『テトリス』以外のタイトルにも展開されるのか、期待したいところです。

【卯月鮎】
ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン〜なつかしゲーム子ども実験室〜』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイト「ディファレンス エンジン」