「じかに傷を受けるのは僕ら」木村拓哉が視聴率で持論を展開

ざっくり言うと

  • 24日の「ボクらの時代」で、木村拓哉は視聴率を「痛み」に例えて語った
  • 第3者が言う視聴率は、「なんか脱臼したらしいよ」ぐらいの感覚だという
  • 「じかに傷を受けるのは僕ら」で、その痛みは当事者にしか分からないとした

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング