「メゾン・ド・ポリス」第7話 (C) TBS

写真拡大

高畑充希が刑事役で主演する「メゾン・ド・ポリス」の第7話が2月22日にオンエア。高畑さん演じる主人公・ひよりと西島秀俊演じる夏目の“過去”のつながりが明かされるとともに竜星涼演じる瀬川草介の“裏の顔”も発覚。多くの視聴者がどよめいている。

建設会社で働き転落死した父の死に疑問を持ち、刑事の道を選んだ牧野ひよりを高畑さんが演じ主演、ひよりが退職警察官だけが住むシェアハウス「メゾン・ド・ポリス」の住人たちと共に難事件の解決に当たっていく本作。

「メゾン・ド・ポリス」の住人は、西島さん演じる元警視庁捜査一課の敏腕刑事でシェアハウスの家事を担当する夏目惣一郎に、小日向文世演じる事務方出身、女子力高めの管理人・高平厚彦、野口五郎演じるキザで女好きの科捜研元エース・藤堂雅人、角野卓造演じる元叩き上げ刑事・迫田保、近藤正臣演じる警察官僚出身の大家・伊達有嗣といった面々。竜星さんはメゾンの“買い物係”瀬川草介役で出演する。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
今回は伊達の幼なじみで“世田谷のジゴロ”と呼ばれた昭和のフィクサー・本郷幸成(井上順)の邸宅で金庫が壊される事件が発生、調べてみると工具で大胆に破壊されたのとは別にピッキングの形跡と“鱗粉”の後も。鱗粉を残す手口は昭和の金庫破り“アゲハ”と同じ手口だった。

本郷が内縁の妻・小倉汐里(西丸優子)と訪問看護師の赤井美香(太田美恵)との3人で箱根の別荘を訪れている間に起きたこの事件、犯行翌朝に本郷宅に出勤した家政婦の本宮カレン(大西礼芳)が発見・通報したのだが、本郷は事情聴取を拒否。さらに本郷は伊達に相談し「メゾン・ド・ポリス」の元刑事たちを捜査に当たらせる…という展開。

その事件と並行して、夏目が3年前ひよりの父と同じ会社の人間を事情聴取し、その人間が転落死していたことがわかる。父と同じ会社、同じ死に方なことに「父の死のことを知っているのでは」と夏目に詰め寄るひより。さらにその様子を草介が盗聴していたという衝撃のラストで幕を閉じた。

竜星さんの意外な“裏の顔”に「御用聞きの彼まで盗聴とは穏やかじゃない」「このギャップね…振り幅ね…もう死ぬよね」「竜星涼が盗聴してるだけでワクワクが止まらない」「ついに核心に迫ってきた!草介くん何者?!」などの声が放送終了後から続々とSNSに投稿され始めている。

また「ラストの情報量が多すぎてフリーズ…取り敢えず8話は絶対に見逃せない!」など今後の展開に期待する声も。終盤に向けて盛り上がりをみせる「メゾン・ド・ポリス」は毎週金曜22時〜TBS系で放送中。