【ソウル聯合ニュース】島根県が条例で定めた「竹島の日」を迎えた22日午前、韓国の複数の市民団体がソウルの日本大使館周辺で竹島の日に反対する記者会見を相次いで開いた。

 会見した団体は「独島が韓国の領土という歴史的な事実は韓国と日本の古文書に明白に記述されている」として、「日本は過去、北東アジアの平和共存を破壊した主犯として過去を反省しなければならないが、再び独島侵奪の欲望をさらけ出している」と批判。「竹島の日と独島の歴史を歪曲(わいきょく)する教科書を廃止すべきだ」と声を上げた。

 別の団体は「歪曲した歴史認識や露骨な領土侵略の欲望をむき出しにした竹島の日の条例を廃止すべきだ」として、「韓国の主権と領土権を侵害する明白な挑発行為」と非難した。

 同日午後にも市民団体による会見が続けられる。