韓国の新型護衛艦「大邱」実戦投入5カ月で故障、復帰には1年とも

ざっくり言うと

  • 韓国海軍の次期護衛艦のうち、初めて電力化された先導艦「大邱」
  • 電力化から5カ月経った2019年1月、推進システムの異常で運用が中断された
  • 異常が発生した原因は不明で、復帰には最長で1年かかるとみる専門家も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング