常に“平均”を求める安定志向の「三平女子」と、周りよりも“上”でいたいキラキラ女子の「三高女子」……結婚相手に求める年収や貯金額など、結婚にまつわる金銭感覚は異なるのでしょうか?

三平女子と三高女子、あなたはどちらの価値観に近い?

銀座ダイヤモンドシライシは、20歳〜39歳の既婚・未婚の女性500名を対象に「女性の恋愛・結婚に関する意識調査」を実施。「三平女子」と「三高女子」、結婚や恋愛に対するそれぞれの思考や金銭感覚の違いが明らかに!?

\三平女子、三高女子とは/
この調査では、女性を2タイプに分類。平和主義・平穏な性格・平均的な生活と、3の“平”が揃った「三平女子」。派手ではないが堅実で安定志向タイプ。もう1つは、女子力が高い・高スペック好き・高感度、3つの“高”が揃った「三高女子」。平穏よりも華やかな生活を好むキラキラ系女子タイプ。

結婚するにあたり婚約指輪(エンゲージリング)を欲しいと思いますか?

三平女子の半数は「婚約指輪を欲しいと思わない」。

三高女子の約8割が、結婚するにあたり、婚約指輪(エンゲージリング)を「欲しいと思う(82.4%)」と答えたのに対し、三平女子は約半数が「欲しいと思わない(指輪も指輪以外もいらない)(50.8%)」と回答しました。
三高女子よりも、三平女子の方が婚約指輪に対するあこがれや関心が薄いようです。記念日やお祝い事を大事にする三高女子と、日常生活での必要性を気にする三平女子で大きな差の出る結果となりました。

婚約指輪(エンゲージリング)を選ぶとした場合、何を重視しますか。

重視するものは、三平女子三高女子ともに1位が「デザイン」!

続いて、婚約指輪(エンゲージリング)を選ぶ場合、何を重視するかを聞いたところ、三平女子・三高女子共に「デザイン」が1位になりました。デザインは、最もセンスが問われる部分。婚約指輪を選ぶ際は、事前に好みを共有しておきたいですね。
また、三平女子は2位に「価格・デザイン・品質など全体のバランス」、3位に「価格」がランクインしているのに対し、三高女子は2位に「品質」、3位に「ブランド」がランクイン。指輪の「価格」を重視する三平女子と、指輪の「質」を重視する三高女子で大きな差がありました。

いくらくらいの婚約指輪(エンゲージリング)を欲しいと思いますか?

三平女子と三高女子で2倍以上も違う理想の婚約指輪の値段。

理想としていくらくらいの婚約指輪(エンゲージリング)が欲しいか聞いたところ、三平女子・三高女子ともに「分からない」が1位となりましたが、三平女子の2位は「10万円未満(16.4%)」だったのに対し、三高女子の2位は「20万円〜30万円(15.6%)」と、理想の婚約指輪の値段には2倍以上も差があることが分かりました。実際はお相手のお財布事情にもよるのでなんとも言えないところですが、三高女子のほうが理想は高い様子!

いくらくらいの婚約指輪(エンゲージリング)を安いと思いますか?

婚約指輪のNGな値段…1位は三平女子「わからない」、三高女子「10万円未満」。

安いと思う婚約指輪(エンゲージリング)のNG金額を聞いたところ、三平女子は半数以上が「分からない(56.8%)」と回答したのに対し、三高女子の1位は「10万円未満(48.8%)」という結果になりました。
「分からない」と回答した人の中からは、「気持ちが大事だから、値段は気にしない」、「彼からもらったということと、婚約指輪という真実が大事」という意見が寄せられており、値段よりも気持ちを大事にする人が多いようです。一方、高スペック好きの三高女子からは「10万円未満じゃ本気度が伝わらない」、「自分の価値がそれくらいなのかと疑ってしまう」との声が寄せられました。

婚約指輪に限っても、さまざまな価値観が伝わってきましたね。結婚生活での金銭感覚のズレは致命的……ということで、続いては「お金」にまつわる質問を。

あなたの貯金はいくら?

自身の貯金額は、三平女子、三高女子ともに「200万円未満」。

自身の貯金額を聞いたところ、三平女子・三高女子ともに「200万円未満」という回答が最も多い結果となりました。貯金額は、三平女子も三高女子もあまり変わらないようですね。
しかし、なかには1,000万円以上の貯金があると回答した人も、三本女子は2.0%、三高女子は8.4%いることが分かりました。

あなたが結婚相手に求める年収は?

結婚相手に求める年収…三平女子、三高女子ともに「400万円〜600万円未満」。

「分からない・答えたくない」の回答を除くと、三平女子・三高女子ともに「400〜600万円未満」が最も多い回答となりました。また、2位以降は三平女子と三高女子で大きな差があり、三平女子の3位は「200〜400万円未満(11.6%)」だったのに対し、三高女子の2位は「600〜800万円未満(22.0%)」という結果に。三高女子は平均以上の生活を求める分、相手に求める年収もやや高い傾向にあるようです。しかし、三平女子2位の「400〜600万円未満(29.6%)」は決して低くないですよね!? これらを満たせる男性はどのくらいいるのでしょうか……。

あなたの結婚後の家庭のお金のルールはどれ?

既婚女性に聞く、結婚後の家庭のルールは、三平女子、三高女子ともに「共通財布(お小遣い制)」。

結婚後の家庭のお金のルールについては、三平女子・三高女子ともに、「共通財布(お小遣い制)」が最も多い回答となりました。お小遣い制のルールはどちらのタイプにも根付いているようです。

こうして恋愛や結婚の理想の傾向をデータで見ると、安定志向の「三平女子」と、意識高い系の「三高女子」には、違いがありましたね。あくまで理想なので、実際は“愛があれば……!”となるのかも!?

【参考】※ ブライダルジュエリー専門店 銀座ダイヤモンドシライシ調べ
【調査概要】
調査方法:インターネットアンケート
調査実施機関:株式会社ネオマーケティング
調査実施期間:2018年8月27日(月)〜2018年8月30日(水)
対象地域:全国
対象者:女性20歳〜39歳 (※)
(※)三平女子・三高女子の条件については、下記項目に対する回答を元に独自で振り分けを実施
買い物する時の判断基準、ブランドに対する価値観、プロポーズへのこだわり、SNSの使い方、流行の感度、休日の過ごし方