“Good artists copy, great artists steal〔優れたアーティストはコピーし、偉大なアーティストは盗む〕”と語ったのは、20世紀の巨匠パブロ・ピカソ。この言葉のとおり、文化や芸術は模倣によって発展してきた。

【画像】シュプリームのボックスロゴの元ネタは?

 もっとも、ブランドやデザインなどを完全コピーする「パクリ」はご法度。こうした「パクリ」騒動がとりわけ多いのが、ファッション業界だ。


©iStock.com

「インスパイア」「オマージュ」摸倣に寛容なファッション業界

 ファッションは、模倣とともに進化してきたといっても過言ではない。似たデザインやアイテムを「トレンド」と称し、模倣を「インスパイア」「オマージュ」などとポジティブに表現するのは、ファッション業界が模倣に寛容であることの現れだろう。

 もちろんファッション業界でも、「パクリ」はタブー。偽ブランドやコピー商品の摘発により、その意識は定着しつつある。とはいえ、許される模倣とパクリとの違いは何か、なぜパクリはいけないのか、そして、パクリにどう立ち向かえばいいのか、いまだ明確な答えは示されていない。

なぜファッションエディターの私が弁護士に転身したのか

 筆者は、フリーランスのファッションエディターとして長らくファッション業界に身を置いた後、ファッション・ローを専門とする弁護士になった。きっかけは、ファッションエディターとして働く中で直面した数々の法律問題を解決したいと考えたこと。

 自身が制作に関わった作品が勝手に二次使用されたり、アシスタントをする知り合いから師匠のパワハラについて相談を受けるなど、さまざまな問題を目の当たりにしてきた。

 中でも印象的だったのが、友人のブランドに登場するキャラクターがパクられたことだ。彼が情熱を傾けて作り上げたキャラクターは、彼にとって自分の片割れのような存在だったろう。それが一瞬にして模倣され、彼の情熱を踏み台にして我が物顔で世に出ていくことに憤りや無力さを感じたことが、今につながっている。したがって、筆者にとってファッションにおけるパクリや模倣は、自分の根本に関わる特別なテーマなのである。

 そこで、昨年から今年にかけて報道されたユニークな事件を振り返りながら、ファッションにおける模倣とパクリについて考えてみたい。

本家が敗訴し波紋が広がった「無印良品」

 ここ数年、中国におけるパクリ商標がたびたび話題となっているが、ひときわショッキングだったのが、無印良品が中国のパクリ店舗「無印良品Natural Mill」から提訴され敗訴したというニュースだ。

 無印良品を展開する良品計画が発表したところによると良品計画は、2005年に「無印良品」の中国1号店をオープンして以来、中国における商標のほとんどを登録してきた。ところが、ベッドカバーやタオルなど一部の商品カテゴリについては、すでに別の会社が商標登録していたのだという。

 今回の裁判は、無印良品が、別会社がすでに商標登録しているカテゴリに属する商品に「無印良品」の商標を使用したため、別会社から損害賠償を求められたもの。第一審で別会社の主張を一部認容する判決が下されたことが、今回の報道につながったようだ。なお、無印良品側はすぐに控訴し、現在第二審が係属中だという。

無印良品は中国国内で「影響力があるとはいえない」?

 この無印良品のように、本家が中国に進出したときにはすでに、本家とは縁もゆかりもない企業によって商標登録されている「抜け駆け商標」は珍しくない。こうした事態が起きるのは、中国の商標法システムに原因があるようだ。

 中国の商標法は、他人が先に使用している一定の影響力のある商標を不正な手段で抜け駆け登録することを禁止している(中国商標法32条、JETRO訳)。ただし、「一定の影響力のある」というのがクセモノで、あくまで“中国国内で”影響力があることが必要。実は、良品計画は、別会社が保有する商標の取消を求めて長い間争ってきたが、2012年、中国の最高裁(最高人民法院)は、無印良品は中国国内では知名度がなく、影響力があるとはいえないとして、良品計画側の上告を退けている。

 今回のケースもこれを前提としていることは明らかだ。本家がパクリに負けるという衝撃的な事件は、中国展開を視野に入れる多くの企業にとって、商標戦略の大切さを再認識させるきっかけとなったに違いない。

“偽シュプリーム”とコラボしてしまったサムスン

 中国つながりで記憶に新しいのが、昨年末に世間を騒がせた、韓国企業「サムスン」と偽ファッションブランドとのコラボ事件。

 昨年の12月10日、サムスンは、中国で開催した新型スマートフォン「Galaxy A8s」のプレゼンテーションにおいて、ニューヨーク発のファッションブランド「シュプリーム」とコラボレーションすると発表した。シュプリームは同社の公式インスタグラムで「シュプリームがサムスンと協業したり、北京に旗艦店をオープンしたり、メルセデスベンツのランウェイショーに参加することはない。これらの情報はすべて明らかに虚偽であり、偽の組織により流されたものだ」とこれを真っ向から否定(ストーリーズのため現在は見ることができない)。これを受け、サムスンは、同社の公式SNSアカウントを通じて謝罪し、提携を再検討すると発表したのである。

 実は、サムスンが提携を発表したのは、ニューヨークの本家シュプリームではなく、本家とは縁もゆかりもない「シュプリーム イタリア」というブランド。このシュプリーム イタリアとは、本家シュプリームのロゴや商品をそっくりそのまま真似したフェイクブランドで、インターナショナル ブランド ファーム社(以下IBF社)という英国企業が保有している。

そもそもフェイクブランドは違法ではないのか?

 ここで多くの読者は疑問に思うだろう。そもそもフェイクブランドは違法ではないのか、と。

 報道によれば、シュプリーム イタリアは、その名のとおり、イタリアでスタートしたブランドであるが、イタリア国内では、2017年4月、ミラノ裁判所がシュプリーム イタリアを不公正なフリーライドと判断したことにより、シュプリーム イタリアの商品が押収され、すべての販売が差し止められた。ところが、昨年5月、欧州連合知的財産庁が、「シュプリーム」は一般消費者にとって「最高の品質」を意味する記述的な言葉であり独自性を欠くという理由から、本家シュプリームの商標登録を拒否したのである。

 これを受け、6月にはトラーニ裁判所が、ミラノ裁判所の判断によりブロックされていたサイトの再開や押収された商品の解放を命じたという。これにより、いくつかの問題は残るものの、現在、シュプリーム イタリアはイタリア国内で商品を合法的に販売している。

偽シュプリームが中国国内の販売権を有しているわけではない

 サムスンが本家シュプリームではなくシュプリーム イタリアとコラボした理由は、シュプリーム イタリアが中国国内の販売権を有しているからだとも報道されたが、これは正確ではない。

 中国の商標登録の状況を確認してみると、本家シュプリームは2014年3月4日にボックスロゴの商標登録を申請しているものの、現在、商標異議申立がなされている(申立人は不明だが、IBF社の可能性もある)。他方、シュプリーム イタリアを保有するIBF社は、昨年10月4日、黒いボックスロゴ商標の領土延伸保護(国際登録制度)を申請しているようだ。

偽シュプリームの狙いは「馳名商標」か

 つまり、衣服や靴、帽子などについては、本家シュプリーム、IBF社のどちらもシュプリームブランドの商標権を持っていない。先ほど抜け駆け登録について触れたが、中国の商標法には、「馳名商標」という制度もある。「馳名商標」とは“中国国内で”公衆に熟知された著名な商標のことで、「馳名商標」と認められた商標は未登録であっても保護され、これと同じ商標を登録することはできないのだ(中国商標法13条、JETRO訳)。

 報道によれば、シュプリーム イタリアは、スペインやベオグラードなど世界中の国々で70以上ものショップをオープンするとコメントしている。さらには、上海に旗艦店をオープンするとの情報も舞い込んできた。

 シュプリーム イタリアの真意は不明だが、このように派手な動きに出ているのは、中国においても、先の欧州連合知的財産庁と同様の判断がなされ、「シュプリーム」が商標登録されないと踏んでいるからかもしれない。あるいは、中国での認知度を高め、「馳名商標」としてシュプリームブランドを独占する思惑か。

「摸倣」と似て非なる「パクリ」、どうすればいい?

 冒頭の疑問に戻ろう。模倣とパクリとの違いは何か、なぜパクリはいけないのか。誤解を恐れずラフにいうならば、パクリとはブランドや商品のイメージ・信用力にただ乗りし傷つける行為であり、だからこそ絶対にしてはならない。そして、そこに至らない行為が模倣、と分類できそうだ。

 では、パクリにどう対応すればいいのか。先の無印良品、本家シュプリームのケースから、世界的にその名を知られるブランドでさえ、パクリ対策にいまだ苦心していることが伺える。これらの事件から学ぶべきは、自らの権利を、迅速に、積極的に、そして戦略的に守ることがとても大切だということだ。

本家シュプリームの対応、腰が引けているのはなぜ?

 本家シュプリームの姿勢にも表れているが、ファッション業界の一部には、いまだ、自分の権利を守るという意識が希薄であったり、権利を声高に叫ぶことはカッコ悪いと考える風潮が残っているように感じる。

 そもそもファッションは、体制や市場への抵抗、自由の獲得といった文脈から生み出されることが多い。その手段として、従来のスタイルやデザインを模倣し、時にはパロディ化することでメッセージを打ち出し、新しい価値を生み出すことがしばしば行われてきた。本家シュプリームもそうした手法をとってきた。

 たとえば、シュプリームの有名なボックスロゴは、商業主義等へのメッセージを打ち出したアメリカの現代アーティスト、バーバラ・クルーガーの作品を元ネタにしたと言われる。また、スーパーモデルのケイト・モスが出演するカルバン・クラインの広告にボックスロゴのステッカーを貼ってプロモーション活動をしたことも有名な話。

権利を守ることは、何らカッコ悪いことではない

 このように、本家シュプリームは、誰かの作品を模倣し、時にパロディ化することで、反抗的でクールなスタイルを創り上げてきた。それにも関わらず自ブランドの権利だけを声高に主張することはスタンスに矛盾し、クールではない―本家シュプリームのいささか消極的な姿勢の裏には、こうした思いが隠れているのかもしれない。

 自らの権利を守ることは、何らカッコ悪いことではない。権利を主張し適切に守ることで、ブランドの質もイメージも向上する。これはファンにとっても嬉しいことだ。むしろ、カッコよくありたいなら、自らの権利を計画的に保護することが重要であると認識すべきだろう。

 ブランドひいてはファッション業界が発展するため、模倣とパクリへの取り組み方を根本から変える時が来ている。これらの事件は、こうした変革のプロローグなのかもしれない。

(海老澤 美幸)