【ローザンヌ聯合ニュース】韓国と北朝鮮、国際オリンピック委員会(IOC)は2020年の東京五輪に4競技で南北合同チームを結成して出場することで合意した。

 韓国の都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官、北朝鮮の金日国(キム・イルグク)体育相、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は15日(日本時間)、スイス・ローザンヌのIOC本部で会談し、東京五輪に出場する南北合同チームについて、女子バスケットボール、女子ホッケー、ボート、柔道の4競技とすることで最終合意に至った。