リオネル・メッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

 リーガ・エスパニョーラのバルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと契約延長する意向であると英メディア『デイリー・メール』などが現地時間の14日に報じた。

 同メディアは「バルセロナはメッシと契約延長する意向であり、彼が残りのキャリアをカンプ・ノウで過ごすことを確信している」と報じている。また、バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はスペインメディアに「彼はクラブの選手だ。彼との関係性は永遠に続くだろう」と話したという。

 現在31歳のメッシはバルセロナと2021年まで契約を残していてる。さらに、スペイン代表DFジョルディ・アルバにはすでに5年の契約延長のオファーを提示したと同会長は話している。

 メッシは現役引退まで、バルセロナに残ることになるのか。

text by 編集部