『アリータ:バトル・エンジェル』のジャパンプミレアイベントが開催

写真拡大

ジェームズ・キャメロン製作、ロバート・ロドリゲス監督で、木城ゆきとの人気コミック「銃夢」を実写映画化した『アリータ:バトル・エンジェル』のジャパンプミレアイベントが、2月14日にVR ZONE

【写真を見る】ローサ・サラザールと上白石萌音の全身ショット

SHINJUKUで開催。来日したローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ロドリゲス監督、プロデューサーのジョン・ランドー、原作者の木城、日本語吹替版で声優を務めた上白石萌音が登壇した。

本作の舞台は、天空に浮かぶユートピア都市“ザレム”と、廃棄物が堆積した下層の街“アイアンシティ”。サイバー医師のイド(クリストフ・ヴァルツ)は、瓦礫の中から頭部だけ残されたサイボーグの少女を発見し、彼女に機械の体を与え、”アリータ”と名付ける。

アリータ役のローラは「本当に『アリータ』という作品を作ってくださった木城先生の故郷に来られたことをとてもうれしく思っています。アリータはダイナミックでいろんな側面をもったキャラクター。こういうキャラクターを作ってくれた木城先生に感謝してます」と礼を述べた。初来日となったクリストフ・ヴァルツは「アリータの世界の故郷はここですが、一番大事なことは、アリータの世界観を全世界のみんなで共有すること」と会場に訴えかけた。

アリータの日本語吹替えを務めた上白石は、ローラと対面して「最初から温かいハグで迎えてくださった。アリータと同様にバイタリティーにあふれ、カッコ良さとキュートさがあって、アリータそのもの」と頬を紅潮させる。ローラが「アイ・ラブ・ユー!」と言うと、上白石も「ミー・トゥー!」と意気投合した。

また、ロドリゲス監督は、プロデューサーのジェームズ・キャメロンについて「できあがった映画を、僕が『どう?』と聞いたら『わあ!すごいよ。また観たい』と言ってくれた。いまの時点で、僕よりもたくさん観てるんじゃないかって思うくらいだ」と、うれしそうにコメントした。

原作者の木城も、仕上がりには太鼓判を押す。「これから5回目を観ますが、観る度に発見がある。構成がすばらしいし、すべてが名シーンで無駄なシーンが1つもない。僕が本当に描いたのかなと思うくらいおもしろい」と大絶賛だった。(Movie Walker・取材・文/山崎 伸子)