不自然なストパーをうまくなじませる方法

写真拡大

ストパーをかけて、髪が不自然になってしまうことがある

ストパーをかけて、不自然な髪型になってしまったことはありませんか?

せっかくストパーをかけたのに、髪型が不自然になってしまっては意味がありませんよね。

しかし、ストパーをかけて不自然になってしまうのには原因があります。

ストパーの原因を突き止めるのはもちろん、不自然になってしまったストパーをうまくなじませることができれば問題ありませんよね。

それでは、不自然になったストパーをうまくなじませる方法についてご紹介します。

ストパーが不自然になってしまう原因

ストパーが不自然になってしまうのは、毛先がまっすぐになりすぎているからです。

髪の形をまっすぐにしてくれるのがストパーのメリットでもありますが、ストパーのかけ具合によっては逆に不自然なストレートになってしまうのです。

長い髪にストパーをかけることで起こるのが一般的かと思いきや、実は前髪にも多い現象でもあります。

前髪が短い状態だと、毛が短いのでどんなに優れた技術を持っている美容師でも、自然な仕上がりにするのが困難だからです。

ストパーは髪が長い人ほどなじみやすく、逆に髪が短い人ほど不自然な見た目になりやすいと言えるでしょう。

不自然なストパーをうまくなじませる方法

ストパーをかけて不自然な見た目になったとしても、うまくなじませて自然な仕上がりに見せることは十分に可能です。

その方法とは、毎日ストレートアイロンをかけることです。

ストパーをかけて自然な仕上がりにするには、毛先を曲げることがポイントです。

つまり、ストレートアイロンをかけて毛先を少しだけ曲げるようにすれば、不自然な見た目だった髪型も自然な仕上がりにすることができます。

また、髪が短いとストパーが不自然になりやすいので、髪を短くする前にストパーをかけてもらうのはNGです。

髪をカットしてからストパーをかけるようにすれば、カットの段階でストパーをかけやすいようにしてくれます。

美容師さんにしっかり相談することが大切です。

自分が納得のいく髪型になると、自信もつきますよ!