片寄涼太

写真拡大

 片寄涼太が14日、横浜アリーナで行われた映画『PRINCE OF LEGEND』完成報告記者会見に出席し、ヒゲの色気への憧れを語った。

 本作は、映画『HiGH&LOW』シリーズの製作陣が再集結した「プリンスバトルプロジェクト」の劇場版作品。セレブ王子やヤンキー王子、生徒会長王子など個性豊かな王子たちが「トップオブザプリンス」の座を懸けて競い合う。この日は、片寄のほか、飯島寛騎、塩野瑛久、鈴木伸之、川村壱馬、佐野玲於、関口メンディー、吉野北人、藤原樹、長谷川慎、町田啓太、清原翔、遠藤史也、こだまたいち、加藤諒、大和孔太も出席した。

 イケメン俳優たちがさまざまな王子にふんする本作。会見では、出演者たちがそれぞれ劇中で素敵だと思った王子について語った。セレブ王子を演じた片寄は、ヒゲがポイントである美容師王子の清原を挙げて「自分がヒゲを生やしても、あんな風にならないだろうと思うので羨ましいです。いつかあの色気に辿り着けたら」とヒゲへの憧れを告白。

 また、ヤンキー王子の兄を演じた鈴木は、片寄の名前を出して「あの王子感は片寄くんにしか出せないと思ったので、僕は片寄くんに抱かれるならぜんぜん嬉しいです」と茶目っ気たっぷりにコメント。隣にいた片寄から「何を言ってるんですか! 公の場で。落ち着いてください」と笑顔で突っ込みを入れられていた。

 その後の質疑応答では、劇中で自分と似ているタイプの王子についても質問が。片寄は「僕は中学時代に生徒会の副会長をやっていたので、会長ではなかったですけど、生徒会王子かなと思います」と分析する。

 続いて鈴木は「僕はけっこう自分の役(ヤンキー王子役)に近いというのもあって、しっくりきながら演じていました」と紹介すると、すかさず片寄が「それは過去にヤンキーだったということでよろしいですか?」と確認。それに対して鈴木は「マイルドな柔らかい感じのものですけどね。マイルドヤンキーと言いしょうかね。そういう感じはあったかもしれないですね」とやんわりと答えていた。(取材・文:中村好伸)

映画『PRINCE OF LEGEND』は3月21日公開