中日・松坂大輔【写真:荒川祐史】

写真拡大

球団が発表、報告は16日になる模様

 中日は14日、沖縄キャンプを離脱した松坂大輔投手が15日も検査と治療を受ける予定であると発表した。

 松坂は沖縄キャンプ中に、ファンに右手を引っ張られた際に右肩に違和感を訴えた。グリーンカード(米国永住権)取得のために5日に渡米し、1泊3日の強行軍で8日に帰国。その後も違和感は取れず、12日に沖縄県内の病院で検査を受けた結果、「右肩の炎症」と診断されていた。

 かつて手術を受けた右肩の故障であることから、かかりつけのドクターによる診察と検査、セカンドオピニオンを求めるために、松坂はキャンプで2度目のオフとなった13日に沖縄を離れた。この日午前、西山和夫球団代表は「今日見てもらって、報告があると思う。そのあとにまた皆さんには報告します。キャンプに参加するのはいつになるかは、またお知らせします。いつ参加できるかは結果次第」と語っていた、報告を受けるのは16日になるという。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)