キャストも一挙発表! (C)2019「ザ・ファブル」製作委員会

写真拡大

 南勝久氏による人気漫画を岡田准一主演で実写化する「ザ・ファブル」のキャラクター写真が、このほど一挙に披露された。あわせて光石研、モロ師岡、六角精児らの出演も明らかに。原作の人気キャラであるジャッカル富岡と、“世紀のプレイボーイ”こと河合ユウキも登場しているが、キャストはシークレットになっている。

 単行本累計部数280万部突破し、2017年の講談社漫画賞(一般部門)を受賞した漫画を実写化。裏社会で「天才的な殺し屋」として暗躍し、“寓話”を意味する英語「ファブル」のあだ名で恐れられる主人公が、「1年間殺し屋を休業し、大阪で一般人として普通の生活を送る。殺しは禁止」というミッションに挑む様子を、コミカルかつシリアスに描く。

 数種の武術・格闘技インストラクター資格を持つ岡田が、無敵の殺し屋・ファブルに扮する。さらに木村文乃がその相棒であるヨウコ、佐藤浩市が育ての親でもあるボス、山本美月が大阪で出会う女性・ミサキ、福士蒼汰がファブルを狙う殺し屋・フード、安田顕が世話人を請け負う真黒カンパニー社長・海老原、柳楽優弥が海老原の弟分・小島、向井理が真黒カンパニー専務・砂川、佐藤二朗がファブルがアルバイトする有限会社オクトパスの社長・田高田を演じている。

 キャストではそのほか、木村了がフードと行動をともにするコード役、井之脇海が海老原の部下である黒塩(通称:クロ)、好井まさおが有限会社オクトパス社員・貝沼役を務める。南出凌嘉、加藤虎ノ介、粟島瑞丸らの出演も発表された。

 またジャッカル富岡は、テレビ番組でトリッキーな一発ギャグを放つ“重要キャラ”。そして河合ユウキはバーでヨウコを酔わせて口説こうとするが、逆に急性アルコール中毒寸前まで酔わされてしまう“チャラ男”だ。誰が演じているか、注目が集まる。

 「ザ・ファブル」は、6月21日から全国公開。