徴用工を巡る裁判で新日鉄に賠償命令 原告側は2月内にも現金化着手へ

ざっくり言うと

  • 徴用工を巡り、新日鉄住金に賠償を命じる判決が確定した訴訟
  • 原告側の弁護士が、すでに差し押さえた資産の現金化に着手する意向を示した
  • 新日鉄住金が協議に応じない場合、早ければ2月中にも手続きに踏み切る

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング