平成仮面ライダーの申し子・武田航平

写真拡大

 俳優の武田航平が13日、新宿バルト9にて行われたVシネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』の大ヒット御礼舞台あいさつ「武田航平ナイト2」に脚本家の武藤将吾、プロデューサーの大森敬仁と共に出席した。自身が主役を務めるスピンオフ『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』が「仮面ライダービルド」の最終章として製作されることが発表されると「僕がビルドを締めくくります」と力強く宣言した。

 武田は、前回の「武田航平ナイト」そして今回の「武田航平ナイト2」共に、チケットが即完売だったことに触れると「僕って人気ありますね」とおどける。イベント前半は、上映が終わったばかりの『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』の撮影秘話を大森プロデューサーらと話していたが、最初に『クローズ』が続編スピンオフとして上映されることを聞いたときには「あれ、僕じゃないんだ……クローズなのね」と拍子抜けしたという。

 後半に武田が主人公となる『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』の製作が発表されると、会場からは大歓声が上がった。満面の笑みを浮かべた武田は「(赤羽役の)栄信と上野の居酒屋で飲んでいるとき『Vシネやりたいね』と話して大森さんにLINEを送ったのが企画の始まりだったんです」と裏話を披露。さらに客席を指さし、イベントを観覧していた栄信を舞台に呼び寄せると「栄信とは頻繁に飲みに行くのですが、いつも最後は武藤さんの脚本の話になるんです。武藤さんの本は男らしい話で本当にいいんですよ」と本人の前で大絶賛していた。

 また、武田は先日、栄信と共に児童養護施設を訪れたことを明かすと「『グリス』の初日の上映会には、その子供たちを呼びたいと思っているんです」と野望を述べる。『クローズ』に続き『グリス』も製作が決まったことに、武田は「皆さんが応援して、作品を観てくださるから、こうして新たな企画が実現するんです」と感謝を語ると「『グリス』観に来てね!」と大きな声で会場に呼び掛けていた。(磯部正和)