公式ブログより

 元横綱・若乃花の花田虎上が、2月10日放送の『お笑いワイドショー マルコポロリ!』(関西テレビ)で、角界の収入事情や兄弟子の元関脇・貴闘力のエピソードを語った。

 貴闘力の付け人をしていたが、虎上は「とにかくギャンブル好きで。稽古が終わったら平和島(競艇)に(行っていた)」と暴露。

「黒色のゴミ袋に札束をボッと入れて、こうやって抱えて……」と、肩に担ぐその姿を「ブラックサンタ」と表現して、笑いを誘った。

 また、勝つことを求められる横綱時代を振り返り、虎上は「戦うのが怖くてほとんど寝られない。睡眠薬を6錠飲んでも寝られない」と極限状態に陥っていたことを明かした。

 横綱の給料事情について、月給は300万円でその他のボーナスを加えると年収は4800万円以上と明かした。加えて、幕内優勝で1000万円や懸賞金、副賞など多くの副収入があることを明かした。

 虎上の母・藤田紀子と貴闘力は、2018年12月6日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)で「話題の2ショット」として登場。藤田は元貴乃花親方だけでなく、虎上とも疎遠になっていることを明かしていた。

 だが、虎上の1月26日の公式ブログで、1年半ぶりに母と会い、子供たちとともに食事したことを報告。

「今後は利害関係なく、ただの親子になります。考えが合わないのでどうするべきか考え抜いた結果です。そうすることで親子として普通に接することができるのではないかと考えたのです」

 仕事を関係させない親子関係に戻ることを語った虎上。貴闘力とともに、同じ部屋を盛り上げた若貴親子。そろそろ兄弟の雪解けにも期待したい。