武久火縄役を演じる鈴村健一 (C)大久保篤・講談社/特殊消防隊動画広報課

写真拡大

 「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載中の大久保篤氏によるダークファンタジーバトル漫画をテレビアニメ化する「炎炎ノ消防隊」に、鈴村健一が出演することがわかった。主人公の森羅日下部(シンラクサカベ)が所属する「第8特殊消防隊」の中隊長である武久火縄(タケヒサヒナワ)役を担当する。

 ヒナワは隊の創設にも関わった元軍人で、新人からは厳しいシゴキで恐れられる人物。鈴村は「クールで真面目、でも実は……めちゃくちゃ熱い男です。融通が利かなさそうに見える彼ですが、常に正論を貫く第八のまとめ役ですね。彼がいないと、きっとあの隊はトラブります(笑)。隊員を支える縁の下の力持ちとして演じていきたいと思います」とヒナワを紹介し、「王道でありながら一筋縄ではいかない大久保先生の世界観はアニメでもしっかり描かれています! 期待して待っていてください!」と作品をアピールした。YouTubeでは、ヒナワの声を収録したキャラクタープロモーションビデオが公開中。

 同作は、人々が炎の怪物“?ビト”に変ぼうしてしまうという人体発火現象が多発する、太陽暦佰九拾八(198)年の東京を舞台として、周囲から“悪魔”と呼ばれながらもヒーローを目指すシンラが、現象の解明と人々の救助に携わる「第8特殊消防隊」の新人隊員として奮闘する姿を描く。