『キャプテン・マーベル』キャラクターポスタービジュアル ©Marvel Studios 2018

写真拡大

映画『キャプテン・マーベル』の最新スポット映像が公開された。

【動画と画像を見る(2枚)】

マーベル・スタジオの作品として初めて女性ヒーローが単独主人公となる同作は、「アベンジャーズ」が結成される以前である1995年のロサンゼルスを舞台にした物語。瀕死の重傷を負って記憶を失い、ビデオショップに不時着したキャプテン・マーベルが、やがてアベンジャーズを結成することになる若き日のニック・フューリーと共に自身の記憶を巡る戦いに立ち向かっていく様を描く。キャプテン・マーベル役をブリー・ラーソン、ニック・フューリー役をサミュエル・L・ジャクソンが演じた。公開は3月15日。

スポット映像では、宇宙人の侵略を聞かされたニック・フューリーがキャプテン・マーベルに「君もスラクルか?」と問うと、彼女がフォトンブラストを突然発射するシーン、訓練中にジュード・ロウ演じるスターフォースの司令官から「自制しろ」と諭される場面、司令官の「自分で思ってるほどお前は強くない」というセリフ、キャプテン・マーベルが宇宙を駆け巡る様子などが確認できる。