『ザ・ミスト』のダニエル・ロビィ監督(2011年撮影)
 - Beck Starr / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 カナダの映画、テレビ、デジタルメディアを表彰するカナディアン・スクリーン・アワードのノミネーションが発表され、ダニエル・ロビィ監督の映画『ザ・ミスト』とマキシム・ジルー監督の『大いなる闇の日々』が最多となる8ノミネーションを獲得した。

 映画部門はほかに、『ザ・ハミングバード・プロジェクト(原題) / The Hummingbird Project』『ア・コロニー(原題) / A Colony(Une colonie)』『ストックホルム(原題) / Stockholm』などがノミネートされている。

 テレビ部門では、ドラマ「アンという名の少女」と「シッツ・クリーク」が最多となる15ノミネートを獲得。ほかには「ヴァイキング 〜海の覇者たち〜」「ワーキングママ」「バッド・ブラッド:憎しみのマフィア」などがノミネートされている。

 授賞式は3月31日(現地時間)にトロントで行われる。(澤田理沙)