俺たちは、ダサイタマなんかじゃない! (C)2019映画「翔んで埼玉」製作委員会

写真拡大

 魔夜峰央氏の人気漫画を実写映画化する「翔んで埼玉」の新たなキャラクターポスターが、このほど披露された。本日2月13日に29歳の誕生日を迎えた加藤諒が、東京都民に虐げられる下川信男に扮した姿を活写している。

 「埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ」などと埼玉県を徹底してディスり、大きな反響を呼んだ同名漫画を映像化。二階堂ふみが初の男性役に挑み、GACKTが高校生役を演じたほか、「テルマエ・ロマエ」シリーズの武内英樹監督がメガホンをとっている。

 そして「パタリロ!」舞台版&映画版で主演を務め、魔夜ワールドの映像化に欠かせない存在である加藤が、今作でもひときわ存在感を放っている。そんな加藤に対し、スタッフ一同が祝福と愛を込めて今回のキャラポスターを制作したそうだ。

 加藤演じる信男が所属するのは、東京の超名門校「白鵬堂学院」の3年Z組。そこは、生まれは埼玉だが、東京に移り住んだ“新参者”たちが収容されるクラスであり、馬小屋以下の設備しかない教室で勉強させられ、医務室も使用できないなど、劣悪な環境を強いられている。その設定にちなみ、キャラポスターは朽ちた木の枠で縁取られ、全体的に少々薄汚れた仕上がりに。一方で信男の「何もなくたってさ、住みやすくていい所じゃんかよ! 埼玉ってさ!」「俺たちは、ダサイタマなんかじゃない!」というセリフが、力強く訴えかけるようにデザインされている。

 「翔んで埼玉」は、ほか伊勢谷友介、京本政樹らが共演。2月22日から公開される。