バンブルビーときずなを深めていく少女チャーリー (C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS, and all related characters are trademarks of Hasbro. (C)2018 Hasbro. All Rights Reserved.

写真拡大

 大ヒット作「トランスフォーマー」シリーズの人気キャラクターを主人公にした映画「バンブルビー」の特別映像が公開された。

 本作の舞台は、シリーズ1作目でバンブルビーがサム(シャイア・ラブーフ)と出会う以前の1980年代までさかのぼり、これまで語られることのなかったエピソードが初めて明かされる。バンブルビーと交流する少女チャーリーを「トゥルー・グリット」「スウィート17モンスター」のヘイリー・スタインフェルドが演じ、「KUBO クボ 二本の弦の秘密」のトラビス・ナイト監督がメガホンをとった。米批評家サイト「Rotten Tomatoes」で93%(2月12日時点)を記録している。

 ナイト監督が特別映像で「見どころは、ビー(バンブルビー)が話し方を見つける過程だ。『トランスフォーマー』(シリーズ)の中でも人間とのきずなが深い。その理由を描くことができた」と話すように、ボロボロに傷つき地球の片隅で身を潜めていたバンブルビーを、心に傷を抱えたチャーリーが発見したことで物語が大きく動き出していく。

 ナイト監督は、シリーズの魅力である派手なバトルシーンや壮大なストーリーを引き継ぎながらも、愛、共感、きずなの大切さを最大限に描くことを目指していたという。「我々が中心的要素としていたのは、他者との関係性ということ。この作品にもアクションシーンを入れるということ自体は当初から間違いなかったが、チャーリーとバンブルビーの関係性という大切な要素と関わっていることが重要だった。本作品を製作したことは、僕の人生の中で最も貴重な経験の一つとなったよ」と語っている。

 「バンブルビー」は3月22日から全国公開。