藤井フミヤの息子・藤井弘輝アナのインパクトは十分

写真拡大

 久しぶりにフジテレビに人気アナウンサーは現われるのか──。2月9日、21時からのフジテレビの土曜プレミアム枠で、『さんまのFNSアナウンサー全国一斉点検』が放送され、視聴率11.8%を獲得した。テレビ局関係者が話す。

「こういう番組を放送すると、『アナウンサーはタレントじゃない』という批判が必ず出てきますが、テレビに出ている以上、どうしてもタレント扱いされる部分はある。フジテレビが好調な時代、毎年のように人気アナが誕生していた。それは、このような番組で良さを引き出され、キャラクター付けされることも要因の1つとして間違いなくありました。新たな人気アナウンサーを輩出する意味でも、このような番組を放送する意義はあると思います。魅力を引き出す人材として、(明石家)さんまさんほど最適な司会者はいない」

 土曜プレミアム枠は、毎週バラエティや映画など多岐に渡るジャンルを放送。『FNSアナウンサー』は今年6回目の中で、1月26日放送の『報道スクープSP 激動!世紀の大事件V』の12.2%に次ぐ2位の数字を獲った。1月5日、19日放送の木村拓哉主演映画『HERO』、12日放送の『人志松本のすべらない話』よりも高かった。

 その一因として、19時から2時間にわたって『四大陸フィギュアスケート選手権2019 女子フリー』がオンエアされ、13.3%を獲得した影響も見逃せない。ただ、前出の関係者は番組構成に疑問を投げ掛ける。

「CMを跨がずに直接、フィギュアスケートから『FNSアナウンサー全国一斉点検』に移った。番組はオープニングトークが終わると、中村光宏アナと生野陽子アナの夫婦を最初に取り上げた。しかも、フジテレビアナウンス室でイチャイチャしているシーンを中心に約20分も2人にクローズアップ。その次は新婚である山崎夕貴アナとおばたのお兄さんのVTRを約10分も流した。フィギュアの視聴者層は40代や50代の女性が多く、彼女たちがアナウンサーの新婚生活を見たいと思うのか疑問です。

 また、番組の視聴者層として、女子アナ好きの男性が考えられます。しかし、彼らは女子アナの新婚生活なんて見たくないでしょう。前番組からの流れや主な視聴者を無視した構成で、一部の視聴者が離れたのではないか。今のフジで11.8%は高いが、構成次第でもう少し獲れたと思う」

 どうすれば良かったのだろうか。

「23時前後に、藤井フミヤの息子である藤井弘輝アナが父親の代表曲である『TRUE LOVE』、チェッカーズのデビュー曲『ギザギザハートの子守唄』をカラオケで歌う場面が流れた。その後、スタジオで藤井アナが『ギザギザハートの子守唄』を歌い、永島優美アナがダンスをする場面があった。番組宣伝CMでもこの部分が使われており、1つの山場だったことは間違いありません。

 フィギュアを見ていた女性視聴者の中で、藤井フミヤの知名度は相当高いはず。女子アナ目当ての男性視聴者も、同時間帯1位の『めざましテレビ』のメインキャスターである永島優美アナには興味があるでしょう。この場面を最初に持って来ても良かったのではないか。

 視聴率が下がっていくと、知名度の高い人をまず持ってくるという“置きにいく”姿勢になりがち。生野陽子アナや山崎夕貴アナは、かつて女子アナの人気ランキングで上位の常連だったので、目立つ時間帯で長く使いたくなる。しかし、新星を育てない限り、フジの未来はありません。23時くらいになると、視聴者もそろそろテレビから離れるので、そこでインパクトの強い藤井アナを持ってくる意図もわかりますけどね」(同前)

 番組では、かつてのエース“カトパン”こと加藤綾子アナと同じ国立音楽大学出身の杉原千尋アナの天然ボケぶりも話題になるなど、若手もクローズアップされた。これを足掛かりに、人気アナウンサーが輩出されるか。