トークショーを行った(左から)オリックス・金田、西村監督、山本(宮崎市内)

写真拡大

 オリックス春季キャンプ(12日、宮崎)オリックス・西村徳文監督(59)が12日、宮崎市内で行われたトークショーに金田、山本とともに出席。さらなる競争の激化を求めた。

 「優勝しか目標はない。若い選手が多いだけに、レベルアップしてもらって、化ける選手が多ければできると信じています」。13日からの第3クールでは紅白戦も3試合予定されており「外国人(野手)も出るようになる。外国人も野手が3人いて競争意識が伝わってくる。いままで以上に外国人も必死になってくる。外野手なんかは競争が激しくなってくる」と話した。

 この日はテレビ宮崎のスポーツニュースにも生出演。金子(日本ハム)、西(阪神)の抜けた穴を問われ「自分は気にしていない。それだけ期待できる若い子がいる」と断言した。 (西垣戸理大)