LINEが手がけるスマホ決済サービスLINE Payは、全国のファミリーマート約1万6700店舗において、コード決済で支払うとLINE Pay残高を20%還元するキャンペーンを実施する。期間は2月12日から2月21日23時59分まで。

ファミマで20%還元と言えば、先日PayPayが発表した「第2弾100億円キャンペーン」が思い浮かぶが、LINE PayがPayPayとまったく同日に同じ20%還元のキャンペーンを打ち出した。

しかも、PayPayの20%還元は還元の上限が1000円となっている。1万円の買い物をしても20%の2000円ではなく、1000円しか還元されない。

一方、LINE Payの還元は最大2000円で1万円の買い物なら数字通りの2000円が還元される。

コンビニで1万円の買い物はそうそうないが(年金などは支払い不可)、LINE PayがPayPayに対抗して上限を大きく設定したのは容易に想像できる。

先日MMD研究所が発表した「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」では、「楽天ペイ」(9.4%)、「PayPay」(8.1%)、「LINE Pay」(7.9%)とかなり熾烈な闘いになっている決済サービス。LINE Payは後発のPayPayにシェアで追い抜かれたこともあり、今後もライバルを意識した戦略が予想され、消費者にとっては嬉しい選択が増えることになりそうだ。

LINE Pay
URL:https://line.me/ja/pay
2019/02/12