【高知 最新レポ】 藁焼き「かつおのタタキ」を自ら体験して食べるスポット

写真拡大 (全5枚)

高知の有名スポットの1つ、桂浜から徒歩10分の場所にあるドライブイン「レストランかつお船」は、その名称の如く、かつお船がそのまま、まるで海の上に浮かんでいるかのように、そびえ立っているのが道路からもよく見えます。

そのレストランかつお船では、今、高知の観光客の間で話題の「藁焼きタタキ体験」が楽しめます。どんなものか一度体験してみました。

まず、大きな串に刺さった生かつおを1人1個ずつ手にします。それを藁で焼くため、火のところに2列に並び、生かつおをじわじわと焼いていきます。そして、スタッフが合図をした時に、生かつおを裏返しします。くるくる回さないでじっと焼き続けるのがポイントだとか。その後、焼いた生かつおをスタッフがきれいに切ってくれます。

外側は焼き立てでカリカリ、中身はまだ生の状態で、そのバランスが絶妙に美味しい。塩とわさびだけで十分味わえます。かつおのタタキ、これはやはり本場で食べるに限ります。しかも、焼きたてできたて。

この藁焼きタタキだけの単品注文ももちろんOK、ご飯やみそ汁などがセットになった定食がおすすめです。かつおタタキ単品1,200円、かつおタタキ定食1,500円(税込、いずれも2019年2月現在)※写真は藁焼き体験龍馬膳2,000円(税別、団体用)

リョーマの休日 〜自然&体験キャンペーン〜
https://kochi-experience.jp/
レストランかつお船
http://www.tataki.co.jp/

(Written by A. Shikama)