東京外環道でトレーラー出火 一部通行止め

写真拡大

11日午後、東京外環自動車道で、走行中の大型トレーラーから出火し、午後9時現在も一部区間が通行止めになっている。

警察などによると、11日午後4時頃、東京・外環自動車道の大泉ジャンクション付近を走行していた車から「トレーラーの右後輪あたりから火が出ている」と110番通報があった。

消防などが駆けつけたところ、大型のトレーラーの後輪や荷台が燃えていたという。トレーラーの運転手の男性は、横を走っていた車に火が出ていることを指摘され、車を降りたためケガはなかった。

火災の影響で、外環道は内回りの和光ICから大泉ジャンクションまでが通行止めになっていて、復旧の見通しは立っていない。